スマホ経由の売り上げ1億円超 タクシー利用者向け無料アプリ

印刷

   仕事やプライベートでタクシーを利用するとき、タクシー会社にこだわる人はどのくらいいるだろうか。店に配車を頼んだり、往来やタクシー乗り場でたまたま当たったタクシーに乗るなど、なんとなく選んでいる人がほとんどではないか。

   特定のブランドにこだわりを持たない顧客に、いかにして自社を選んでもらうか。タクシー大手の日本交通が目をつけたのは、利用者が急増するスマートフォンのアプリで配車予約をしてもらうことだ。

待ち合わせ時間、場所、車種などを簡単に指定

Googleマップ上で概算の料金と距離を確認できる
Googleマップ上で概算の料金と距離を確認できる

   スマホアプリの「日本交通タクシー配車」(iPhone/Android)は、直感的な操作とGPS機能で、日本交通グループと関連会社のタクシー約3700台の中から、ユーザーの現在地周辺を走行中の車両を呼ぶことができる。

   2011年1月のリリースから約10か月で、11万件のダウンロードを達成。東京23区を中心とする配車にもかかわらず、配車台数は3万5000台、タクシー売り上げは1億円を突破した。現在では多摩・埼玉・神奈川の一部地域までエリアを拡大している。

   アプリを立ち上げると、現在地が指定されたGoogleマップが表示されるので、地図を指で動かして、タクシーを呼びたい地点を設定する。

   次に、希望するタクシー会社と配車時刻(1~24時間後)、目的地、「黒タク」や「プリウス」 の車両タイプと台数を指定する。指定した場所での待ち合わせか、乗務員に自宅まで迎えに来てもらうかの選択も可能だ。

   日本交通はこのアプリによって、「通話がつながりにくい」「細かい説明が面倒」「電話をかけることで通話料が必要」といった従来の問題をクリアできるという。実際、ネット上には、「(雨の日に)タクシー会社にまったく電話が通じなくて困り果てた時に試しに使ってみた」という声もあった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中