2020年 1月 28日 (火)

「高速飛ばして行くから待ってろ!」 債権回収OL恐怖の日

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求
「わかった。そこまで言うなら、直接会って話そうじゃねぇか。エヌモトとかいったな。今から高速飛ばして行くから、待ってろよ!」

   督促を始めてまだ日の浅かったある日のこと。私はなかなか支払いをしてくれないお客さまに食い下がって、入金のお願いをしていました。この時は、いつもすぐに言い負かされてしまう私にしては珍しく、支払い日を延ばそうとするお客さまに必死に食らいつき、交渉が長時間におよんでいました。

「だから、×日に払うって言ってんだろうが!」
「い、いやいや、そこを何とか…!」

「今、インターまで来た。もうすぐ着くからな」

ここに来るって?まさか、冗談だよね(((;゚Д゚))(イラスト:N本)
ここに来るって?まさか、冗談だよね(((;゚Д゚))(イラスト:N本)

   やり取りを続けること数十分。言うことを聞かない私にしびれを切らしたのか、とうとう相手は捨て台詞を残して電話を切ってしまいました。

   (え、ここに来るって…? まさか、冗談だよね…?) 長時間の交渉で、緊張しっぱなしで汗だく。そのうえ嫌な汗が出てきました。

   コールセンターの住所は、お客さまに送られる督促状にバッチリ記載されています。会社のホームページにも載っていますし、「どこから電話かけているんだ?」とお客さまから聞かれたら、情報開示として正確な住所を言わなければなりません。

   というわけで、お客さまが来ようと思えば、私の職場には簡単に来れてしまうわけです。

   (き、きっと冗談だよね!) 自分に言い聞かせて仕事に戻りました。嫌な事は頭から締め出そうと必死です。でもそれからしばらくして、一本の電話がかかってきました。

「N本さーん、お客さまから電話入ってるよー」

   名前を聴いてびっくり。先ほど電話を切られてしまったお客様でした。思わず硬直している私を不思議そうに見ている同僚から、なんとか電話を受け取ります。

「あ、○○さま…ですか?」
「ああ。今、××インターまで来た。もうすぐ着くからな」

   ひぃ! ほ、ホントに来てる!? しかも××インターって、結構近いー!

   この時、必死で考えていたのは、とりあえず家族に危害が及ぶのだけは避けなければ、ということでした。私の家は会社のすぐ近くだったのです。もし後をつけられたりしたら、家に火とかつけられたりしたら、ど、どうしよう…!

債権回収OL・N本(えぬもと)
某金融機関で債権回収部門に所属する20代OL。コールセンターで支払延滞顧客への督促を担当している。入社半年で3億円の回収を達成して頭角を現し、10万件の顧客を担当する精鋭チームに最年少で配属された実績を持つ。他人に強く言えない気弱な性格を逆手にとり、独自の「交渉メソッド」を開発。300人のオペレーターを指導しながら、年間2000億円の債権回収に奮闘している。好きなものは、ビールとスイカ。ブログ「督促(トクソク)OLの回収4コマブログ」。(本コラムは当事者のプライバシー保護のため、一部事実と変えている点があります。)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
榎本まみ:督促OL 修行日記
榎本まみ:督促OL 修行日記
  • 発売元: 文藝春秋
  • 価格: ¥ 1,208
  • 発売日: 2012/09/22
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中