2019年 11月 21日 (木)

「部下の手柄は、上司の手柄」って本当なんですか!?

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   Q&AサイトのOKWaveに、こんな相談が載っていました。質問者のselflessさんは、ネット上で見たあるマンガを見て、強いショックを受けました。

   商品企画部で働く23歳のF君は、優秀な企画マンとして嘱望されています。ある日、遅くまで企画書を作っていると、U課長が声をかけてきました。そして企画をチェックし、「ここは具体的に数字があった方がいいな」などと助言した後、優しくこう言いました。

「優秀だが詰めが甘いぞ。よし、残りは俺がやっておこう」
「ろくに寝てないだろう。今日は帰って休みなさい」

あのジョブズも「他人の脳みそ」を盗んでたけど

お前は何もしてないじゃん!ふざけるな!
お前は何もしてないじゃん!ふざけるな!

   F君は「こんないい上司に巡り会えて、僕は幸せ者だ!」と喜んだのも束の間、数日後に、その企画は「課長の企画」として推進が決定したことを知りました。手柄を横取りされてしまったのです。問い詰めるF君に、U課長はこう言い放ちます。

「部下の企画は上司の企画。部下の手柄は上司の手柄。常識だよ、君!」

   質問者さんが思い出したのは、アップルのカリスマ創業者、故スティーブ・ジョブズのこと。部下から上がってきた提案を散々酷評した後、しばらく経つと、まるで自分が考えたかのように同じアイデアを話していた、というエピソードです。

   部下たちからは「他人の脳みそを盗む『現実歪曲空間』」と呼ばれていたそうですが、質問者さんには、こんな卑怯なことをする人の感覚が信じられません。

「ジョブズに限らず、こういうことは結構あるのでしょうか? あるとすれば、部下はどうすれば防げるのでしょうか?」

   しかし回答者からは、「上司に自分の成果を奪われる」と思うのは「勘違い」である、と指摘する意見が出されました。

「上司の命令の下で成果を出すのです。つまり何をしても100%上司の成果。自分(平社員)の取り分は始めから存在しない」(lumiheartさん)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中