残業代は1分単位で支払うべき! なぜみんな守らないの?

印刷

   Q&AサイトのOKWaveに、こんな相談が載っていました。質問者のfantasy-skyさんは、会社の残業代の算出方法に疑問を持っています。

   勤め先では、1日の残業時間を15分単位で集計しています。極端に言うと、残業を14分してもゼロでカウントされ、29分だと15分しか認められません。質問者さんは「残業代は1分単位で支払わないと違法になるはずだ」と不満です。

「月の合計から切り捨て」は認められている

時給1000円なら、1分間で16.7円!
時給1000円なら、1分間で16.7円!

   しかし、残業代を15分や30分単位で支払っている企業が、世の中にたくさんあることを知っています。「これらの企業は、労働基準法を犯しているということなのでしょうか?」

   巷では、残業代を1円たりとも支払わないブラック企業もあり、社会的な問題になっていますが…。この質問には、労基法違反は「その通りです」と答える人がいました。

「今どき、タイムカードもみんなPC管理ですし、1分単位で集計したって手間は変わりません。…人数が多くて集計が手間だというくらいの規模があるなら、新しいタイムカードぐらい買えよ」(sebleさん)

   一方で、残業代を1分単位で管理している会社など、日本全国探したってどこにもない、という回答者もいました。

「1分単位での支給となれば、日本全国の数多くのところで倒産してしまい、日本経済も破綻します。なにを血迷っておられるのやら」(nrhp618さん)

   専門家によると、1か月の残業時間を集計したときに1時間未満の端数がある場合、30分未満の端数を切り捨て、それ以上を1時間に切り上げる運用は、厚生労働省の通達で認められているそうです。

   質問者さんが言う「残業代を30分単位で支払っている」会社とは、もしかするとこのことかもしれません。ただし、1日単位で30分未満の端数を切り捨てることは認められないので、質問者さんの会社のような「15分未満を切り捨て」は違法となります。

1分単位になったら「トイレの時間」はどうなるのか

   とはいえ、実際に1分単位の管理をすることになったら、どんなことが起こるのか。lv4uさんは、かえって働きにくくなるのではないかと懸念しています。

「1分単位での残業時間計算なんて細かなことを言い出すと、会社側は、『じゃあ、残業時間の中で、トイレに行った時間とか、一息ついている数十秒の時間を残業時間から引かないといけないね…』なんて言い始めるかも?」

   さらに、残業せずに定時に帰った際にも、仕事をしていないとみなされる時間を見つけ出し「早退扱い」にされてしまうかもしれません。

   仕事の種類もいろいろあります。拘束時間と成果が必ずしも比例しない仕事もあります。何でもかんでも1分単位にするのではなく、裁量労働制や年俸制も含めて、仕事に合った制度を使った方が楽という考えもあるでしょう。みなさんなら、どう思われますか?

労働時間管理、どんな職場で働きたい?
残業の全くない職場
残業を1分単位で管理する職場
残業をキリのいい時間で管理する職場
仕事を労働時間で評価しない職場
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中