2019年 11月 12日 (火)

再春館製薬所の社員食堂 「お母さん」手作りの家庭料理が自慢

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   化粧品の通信販売で知られる再春館製薬所には、ユニークな食堂がある。社員食堂といえば、社外の業者にアウトソーシングするのが一般的だが、ここでは会社が雇った地元熊本の「お母さん」たちに、手作りの料理を提供してもらっているという。

   食堂の設置は1992年。当初の運営は業者に依頼していたものの、当時の西川通子社長(現会長)のおメガネにかなわなかったらしい。西川さんが自ら厨房に立ち、自宅のお手伝いさんとともに食堂の切り盛りをすることにした。

働きざかりの若者たちに「栄養価の高い料理」を提供

人気メニューのから揚げを含め料理は食べ放題
人気メニューのから揚げを含め料理は食べ放題

   西川さんは自ら決めた「1か月半は同じメニューを出さない」というルールを守っていたが、半年後に地元の「お母さん」たちに運営を任せることにした。その「厨房隊」は、いまでは25人ほどになる。

   彼女たちは長年にわたる経験から、家庭料理のプロと呼べる腕前の人ばかり。メニューは冷凍食品を使わず、すべて手作りである。「海」「山」「根」「茎」「葉」「実」の素材を毎日必ず使うことを決めており、栄養価も高くバランスのよい食事となっている。

   ランチはバイキング方式で、メイン料理も副菜も、ごはんも汁物も、すべて食べ放題だ。料理をあまり取らない社員がいると、西川さんに、

「もっといっぱい盛りなさい。しっかり食べて栄養をつけなきゃ」

とハッパをかけられることもある。

   社員の中には、県外から来て寮やアパートでひとり暮らしをする若者も多い。ランチくらいは温かく、栄養たっぷりの料理を食べてもらいたいという思いが込められている。

   コールセンターなどで働く女性社員が約800人いることもあり、デザートにも力が入っている。西川さんはレパートリーを増やしてもらうため、「厨房隊」を地元のお菓子メーカーに派遣した。いまでは60数種類のデザートを作ることができ、同じものは2か月に1度しか出ない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中