2020年 9月 24日 (木)

「中年男性が多い部署イヤ!」 若手女性社員の異動拒否は認められるか

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   セクハラ・パワハラ問題の啓蒙が進んだ結果、以前は我慢したり泣き寝入りしていたことが、堂々と告発されるようになった。それ自体は悪いことではないが、ハラスメントを盾に社員が会社に要求を突きつけるケースも出ているようだ。

   ある会社では、ある優秀な若手女性社員を本社に呼び寄せようとしたら、「その部署はセクハラじみた言動をする中年男性が多いので行きたくない」と拒否されてしまった。社長が注目している社員でもあり、人事が頭を抱えている。

しつこい係長がいるので「どうしても行きたくない」

――食品商社の人事です。地方支社の女性社員に東京本社への異動の内示をしたのですが、強く断られてしまい困っています。

   東海支社で営業を担当する20代のA子さんは、入社3年目にもかかわらず、さまざまな販促アイデアを打ち出して支社の成績を伸ばしています。

   社長も注目していて、先日開催された管理職会議でも、

「君たちにフレッシュな発想を求めることは、もう無理なのか?もう、若手とベテランを総入れ替えにするぞ。A子クンを見習ったらどうだ!」

と名指しで絶賛されたほどです。

   そこで全社的な営業施策の見直しをするために、A子さんを本社営業本部に抜擢することにしました。彼女は入社時に本社勤務を希望していたので、喜んで従ってくれると思いきや、意外にも「お断りします」という返事が。

   理由は「本社の営業は中年男性が多く、職場でセクハラじみた言動が多くて不快だから」。特に営業係長からは、出張のたびに「飲みに行こうよ」と誘われ、メールで「彼氏いるの?」などとしつこく聞かれていたそうです。

   係長は本部の中堅として活躍中の真面目な社員です。A子さんには「異動が決まったら注意しておくから」と言いましたが、彼女は「少なくともあの係長がいる限り、どうしても行きたくない」と頑なです。こういうとき、どうしたらいいでしょうか――

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中