2019年 7月 20日 (土)

目覚ましに充電… スマホユーザーの日常生活に入り込む「企業アプリ」

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   iPhone5の発売が追い風となり、スマートフォンユーザーが爆発的に伸びている。さまざまなアプリを取り込んで自分に合った機能を充実していけるので、これまでのケータイ電話以上に肌身離さず携帯している人も多いだろう。

   利用者の日常生活に入り込んでいくスマホに、ブランド価値を高めたい企業が熱い視線を送っている。一見本業とは関係のない生活アプリを通じて、ユーザーが自社のブランドイメージに触れる機会を増やしていけるからだ。

ユニクロが「目覚ましアプリ」を無料で提供する理由

ユニクロの「UNIQLO WAKE UP」は目覚ましアプリ
ユニクロの「UNIQLO WAKE UP」は目覚ましアプリ

   ユニクロの「UNIQLO WAKE UP」は、目覚まし時計として使えるスマホアプリだ。コンセプトは「毎日の目覚めを快適にする」。今年5月に公開され、ダウンロード数は1か月足らずで50万を超え、企業アプリの大ヒット作となった。

   設定した時間になると、コーネリアスと菅野よう子さんによるおしゃれなアラーム音楽が流れ、日時と曜日、その日の天気を自動的に読み上げてくれる。読み上げ言語は英語または中国語だ。音楽は毎回変わるので、新鮮な気持ちで目覚められる。

   アラーム音楽を止めると、その時刻とともに天気や気温をフェイスブックやツイッターに自動的に投稿される。自分以外のユーザーの記録も、アプリ内で確認できる。

   目覚まし機能自体は、ユニクロには直接関係ないように見えるかもしれない。しかしユーザーにとっては「今日は金曜日か」「肌寒いから、暖かくして行かなくちゃ」などとその日の服装を考えるきっかけとなり、そのときにユニクロのカジュアルウェアの存在を思い出すかもしれない。

   また、スマホユーザーにとって欠かせないのが、端末機器への充電だ。トヨタの「PLUG-IN Championship」は、充電ケーブルを機器に接続するタイミングをスコア化するゲームアプリで、他のユーザーと競い合って遊ぶことができる。

   コンセプトは「Fun to Charge=充電を楽しくする」。自宅でバッテリーに充電できるトヨタのプリウスPHV(プラグインハイブリッド自動車)のイメージを模している。退屈しがちな充電中もクールな映像で楽しめ、残りの充電時間を表示する便利なユーティリティツールとしての機能も果たしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
point
point
  • アーチスト: CORNELIUS
  • レーベル: プライエイド
  • 価格: ¥ 3,900

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中