2020年 8月 14日 (金)

職歴なんて関係ねえ! 面接官がコンピュータに置き換わる日

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!
「この期間、あなたは何をなされていたのですか?」

   特筆すべき職歴がなかったり、職務経歴書に空白があったりすると、採用面接官の印象は悪くなる。しかし、この方法が本当にベストなのだろうか。疑問を投げかける記事がウォール・ストリート・ジャーナルに掲載されている。

   米事務機器大手のゼロックスでは、採用後にすぐ辞めてしまったり、問題を起こしたりしない求職者を見分けるためにコンピュータを使っているという。その際に重視されるのは、職歴よりも人間性だ。

精度バツグン、離職率が5分の1に減少

ネット経由で「即内定」の日も近い?
ネット経由で「即内定」の日も近い?

   記事によるとゼロックスでも、以前は業務経験者かどうかを重視していたようだ。だが、コンピュータによる「適性検査」を半年間試したところ、従業員の離職率が5分の1に減ったことから、全ての採用をこの方法に移行することにした。

   コンピュータのプログラムが判断するのは、求職者が「コールセンター要員に適しているかどうか」「採用してから窃盗などの問題を起こさないか」「労災を乱用しないか」「すぐにやめてしまわないか」といった要素だ。

   結果として合格者は、業務経験に関係なく人間性がよい人が残ったという。この結果は、「新卒一括採用」に乗り切れなかった日本のニートにとって歓迎すべきことに思えるが、ネット上の反応は鈍い。

「職歴を重視しないとは、無視しないことじゃないから」
「まあ、そこに行く前に書類(学歴や年齢)で落ちるんだけどね」
「すみません、人間性にも自信がないですわ」

   コンピュータが人間性を重視するのは意外に思えるが、コールセンターなど専門性があまり高くない仕事の適性を判断しようと思えば、職歴が占める比重が小さくなるのも当然だ。

   一方で記事は、一般職の採用もコンピュータのアルゴリズムに頼る企業が増えているとも書いている。グーグルなどの大企業のほか、廃棄物処理を手掛けるような中小企業の事例も紹介されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中