2020年 7月 17日 (金)

日本すっぴん協会が見据える「10年後のカスタマー」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ミス・ユニバースのファイナリスト、ミスキャン候補の現役女子大生、人気読者モデル…。美のアイコン的存在である彼女たちが、自らのすっぴん姿を披露し話題になっているサイトがある。それが「日本すっぴん協会」だ。

   サイトでは、彼女たちが実践している美容法や普段使用している美容アイテムに関するインタビュー記事、すっぴん顔のパジャマ姿で撮影した写真を公開。700以上のいいね!と650以上のツイート、200を超えるはてブがつく盛り上がりを見せている。

自社製品より「キレイな肌でありたい気持ち」を刺激

日本すっぴん協会は人気美容ブロガーでライターの岡本静香さんが会長を務めている
日本すっぴん協会は人気美容ブロガーでライターの岡本静香さんが会長を務めている

   このサイトを運営するのは、アンチエイジング化粧品などを製造・販売する再春館製薬所の子会社、あゆみ株式会社。「やはり化粧品会社のマーケティングだったのか」と納得するが、少し気になる点が残る。

   「すっぴん協会」のサイトに登場するのは、20代の若い女性が中心だ。一方、再春館製薬所の得意分野は「30代からの基礎化粧品」であり、商品ラインアップは直接マッチしない。

   サイト内では、もっぱら「すっぴん美肌づくりの作法」について取り上げ、肝心の自社商品は登場しない。このようなサイトが、企業のメリットにどうつながるのか。サイトのコンセプトについて、運営会社あゆみの運営担当者に話を聞いてみた。

「スキンケアの市場拡大を促すためには、女性に対して『美肌づくりの情報』を届けることが大事だと思います。そのためには、まずは企業を離れて、女性にとってためになる情報発信をすることが必要です。このサイトで若い女の子たちが、スキンケアについてきちんと向き合うようになったり、肌の悩みを解決できるようになれば成功だと思います」

   女性にとって、肌の悩みはいつだって付きもの。すっぴんを誇る若い女性たちも、年齢を重ねて肌の衰えを迎えることは避けられない。サイト訪問者の10年後を見据えて、美肌づくりの必要性を感じて欲しいという裏のねらいがあると推測できる。

   また、将来のインフルエンサー(他の女性に影響を与える人)となる「美容に関心の高い女性」との関係構築も期待できるだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中