アニメで先に作るのは「ストーリー」か、それとも「キャラデザイン」か

印刷

   アニメには、マンガや小説、ゲームなどの「原作」のあるものとないものがあります。後者を「オリジナル作品」といいますが、同じアニメでも原作つきとはまたちがう種類の苦しみがあります。

   世界観はイチからつくり上げなければなりませんし、ストーリーもデザインも集団作業では行き違いが起きやすく、一筋縄ではいきません。新しい製品やシステムを立ち上げるときには似たようなことが起きますが、アニメも同じなのです。

知られざる「オリジナルアニメ」の骨格つくり

自由ほど不自由なことはない!放送日は刻々と迫ってきて…
自由ほど不自由なことはない!放送日は刻々と迫ってきて…

   アニメ制作は、基本的にはプロット開発から始まります。プロットとは簡単にいえば筋書きで、アニメの骨組みとなるものです。ストーリーやキャラは、その骨格にのせる筋肉といえます。

   原作つきの場合にはある程度の筋骨格ができているため、体型が大きく変わることはありません。作業も計画的に進みやすいものです。今年3月に放送予定のNHK「大人女子アニメ」を担当したときには、原作の角田光代さんの小説をもとにキャラクターをデザインしました。

   しかし、イチからプロットを開発するときには七転八倒の連続です。シリーズ全体のあらすじや世界観、美術デザイン、主要キャラクターを決め、毎週ゲストキャラや各話の美術設定、ストーリー展開なども創りださなくてはなりません。これらは、監督とライターの手に委ねられています。

   「オリジナルは自由に作れるからいいよね」なんて言われることもありますが、「自由ほど不自由なことはない!」と思わずつぶやく監督もいます。そして、毎回決めることは盛りだくさんなのに、時間は原作つきと変わらないことが多い。

   こんなときに一番コワイのは、監督やライターのアイデアが行き詰まること。いわゆるスランプです。締め切りは迫っているのに、シナリオ以降のすべての作業が止まります。プロデューサーは「アイデアが降りてきますように!」と祈るように叫び、頭の中には「放送落ちフラグ」が立ち、スタッフの心拍数と血圧は急上昇します。

   そしてこんなとき、監督からデザイナーに緊急オーダーが発注されることがあります。

「明日までにキャラのラフ、いくつか描いてもらえます?」

「キャラの絵」から見えてくるセリフがある

   以前『ふしぎ星の☆ふたご姫Gyu!』という作品でキャラクターデザインをしたときにも、そのようなことがありました。主人公ふたりは前作のままだったのですが、続編用のキャラクターやストーリーはオリジナルだったのです。

   学園モノだったので、新しく出てくるキャラクターの数は30体以上、ライターさんの負荷は思ったよりも高かったようで、シナリオがなかなか進まず膠着状態になりました。

   このときもデザインラフは並行して進めていたのですが、「サブキャラのいくつかを早めに描いて」とオーダーがありました。監督から渡されたメモは「泣き虫だけど芯の強い子」とか、「いたずら好きな無邪気な子」など、ごく簡単な覚え書のようなものでした。

   途方にくれながらも頭をひねり、このときは1週間くらいでサブキャラのデザインとバリエーションを提出して、監督に選んでもらいました。すると、はずみがついたようにライターのシナリオも進み出し、無事に放映初日を迎えることができました。

「キャラクターを見た途端、その子の性格とかセリフが見えてきたらしいよ」
と監督から聞いたときには、思わず心の中で「よし!」とガッツポーズが出ました。みんなで「これで落ちないで済んだね」とホッとしたものです。

   アニメの現場は協働作業ゆえのトラブルも少なくありませんが、いろいろなスタッフがお互いに影響しあってひとつの作品を創ることができるのがいいところです。一体感や達成感が味わえるのはコラボレーションならでは!と思いながら、今年も元旦からコンテと格闘していました。(数井浩子)

数井浩子(かずい・ひろこ)
アニメーター、演出家。『忍たま乱太郎』『ポケットモンスター』『らんま1/2』『ケロロ軍曹』をはじめ200作品以上のアニメの作画・演出・脚本などに携わる。『ふしぎ星の☆ふたご姫』ではキャラクターデザインを担当した。仕事のかたわら、東京大学大学院教育学研究科博士後期課程に在籍。専門は認知心理学
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中