『タッチ』監督の教えは「デザインに迷ったら黒く塗れ!」

印刷
「子どもに愛されるアニメキャラって、どこが違うと思う?」

   色見本をチェックしていると、急に監督がスタッフに質問しました。白黒アニメの時代から仕事をしている監督は、にやっと笑って一言いいました。

   「アトムを考えてみなよ」。その監督は、『タッチ』『グスコーブドリの伝記』などをつくった杉井ギサブローさんです。その当時、4月からはじまるNHKのオリジナルアニメの総監督をしていました。

アニメキャラはアトムもルフィもシルエットが命

今回は白黒で攻めてみたのであります。キャラクターはシルエットが命!
今回は白黒で攻めてみたのであります。キャラクターはシルエットが命!

   オリジナルアニメは原作のあるアニメと違って、イチからキャラクターをデザインし、キャラに合わせた色を決め、美術設定も最初から作っていかないといけないので、毎回、ああでもないこうでもないと試行錯誤が続きます。

   その4月番で、私はメインキャラクターのコスチュームや小物のデザインを担当していたのですが、衣装の色に関しては、とにかく色見本をたくさん用意して、そのなかからピタっとくる組み合わせを決めるというやりかたでした。

   色見本も4~5パターンを超えたあたりから、コスチュームの配色が似たり寄ったりになり、堂々めぐりになります。ピンクがいいのブルーのほうが似あうのか、だんだんわからなくなります。

「そういうときには、白黒にしてみるんだよ」

   「白黒にする」とは、色味を抜いてモノトーンにしてみるということです。そうすると、濃淡のバランスがはっきりと浮かび上がるので、全体のトーンが確認できます。色のバランスが悪いときには、トーンもコントラストにもまとまりが感じられないものです。

   「だからね、キャラも黒く塗ってみるんだよ」と杉井さんは続けました。子どもに人気のあるアニメキャラクターはたいてい特徴的なシルエットだといいます。造型は「まずシルエットで考えろ!」というこということなのですが、たしかに「鉄腕アトム」のアトムもあのツンツンした髪型が特徴ですし、「ONE PIECE」のルフィーも麦わらのシルエットで一発でわかります。

アニメキャラクターは情感の受け皿としてデザインする

   D.A.ノーマンの『誰のためのデザイン?』という本は、デザインと機能の関係についての本です。単にスタイリッシュなデザインがいいデザインなのではなく、使う人の動きにピタッとくる人間中心に設計されたデザイン(HCD)が優れたデザインであると書いてありますが、アニメキャラクターも同じなのです。

   「人の動きにピタッとくるアニメキャラクター」を言いかえると、「情感という心の動きにピタッとハマるアニメキャラクター」ということ。つまり、安心して感情移入できるキャラクターということです。

   感情心理学では感情を「暴れ馬」に例えることがありますが、感情や情感という捉えどころのないものを無理に型にはめることはできません。そこでアニメでは、「暴れ馬」が自由に安心して暴れることができるデザインが必要になります。

   そのときに、シルエットが単純でわかりやすいアニメキャラクターは受け皿として最適です。子どもは丸や四角や三角などのシンプルな形が好きです。単純な形のなかに自分だけの感情の物語を紡ぎます。シンプルでわかりやすいデザインは、子どもが自分の馬を自由に遊ばせるための容器なのです。

   デザインされたキャラクターがシンプルかどうかは、黒く塗ればすぐにわかります。「キャラを黒く塗れ!」は心理学的にも説明できる大先輩の知恵だったのです。今度、アニメグッズを見かけたら、心の中でそっと黒く塗りつぶしてみて下さいね。(数井浩子)

数井浩子(かずい・ひろこ)
アニメーター、演出家。『忍たま乱太郎』『ポケットモンスター』『らんま1/2』『ケロロ軍曹』をはじめ200作品以上のアニメの作画・演出・脚本などに携わる。『ふしぎ星の☆ふたご姫』ではキャラクターデザインを担当した。仕事のかたわら、東京大学大学院教育学研究科博士後期課程に在籍。専門は認知心理学
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中