2020年 7月 17日 (金)

希望も課題もいっぱいでオッケー! バングラデシュで働く日本人

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2030年までに人口が2億人を超えると言われているバングラデシュ。しかしこの国がどこまで市場として魅力的かは、まだ疑問符が残ります。

   バングラデシュには課題が山ほどあります。そもそもアジア最貧国のひとつと言われており、国民1人当たりのGDPは2012年で世界185カ国中160位(アジアではネパールに次ぐワースト2)。人口は多くとも、1人ひとりの購買力は非常に低いのが現状です。

渋滞や停電、デモなど厳しい問題が頻発だが

バングラデシュの国旗は、緑色の日の丸です
バングラデシュの国旗は、緑色の日の丸です

   インフラも整っておらず、慢性的な渋滞や老朽化した建物の倒壊事故、電力不足による停電など、製造業にとって非常に厳しい環境と言えます。

   さらに政治や宗教を発端としたデモも頻発しており、私が訪れた時も1週間に3回のデモが起こり、その度に半日外出ができませんでした。デモ隊にオート三輪が押し倒され、人が入ったままの状態で火が付けられている映像がテレビで繰り返し流されていました。

   とはいえ、安い労働力と多くの人口を求めてバングラデシュに参入する企業はあとを絶ちません。例えばユニクロです。ユニクロはアジアの他の国々では日本と同じ品質・価格帯で洋服を売っており、現地の人から見るとやや高級店という位置づけになっています。

   しかし私が知る限り、ここバングラデシュだけは現地価格に合わせた価格で販売していました。これはノーベル平和賞を取ったムハマド・ユヌス氏率いるグラミン銀行と共同出資している「グラミン・ユニクロ」という会社として進出しているためだと思われます。市内にあるグラミン・ユニクロの店舗は、日本のユニクロとは似ても似つかぬ小ささで、Tシャツが1枚100円程度で売られていました。

   その他、繊維業、製造業や商社など、バングラデシュには約100社の日本企業が進出しています。1000社以上が進出しているインドネシアと比べればまだまだ少ないですが、その数は近年着実に増えています。

   ただし、バングラデシュで日本人が現地採用されるチャンスはまだ少ないです。ただでさえ会社数が少ないのに、この国の外国人就労規制は厳しく、外国人1人採用するのに製造分野では20人以上、商業分野では5人以上のバングラデシュ人を雇用する必要があります。

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中