2019年 11月 23日 (土)

「教授になれば一生安泰」の医大を変えようとして、パワハラ疑惑をかけられた

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   地方の私立医大で教授を務める旧知のM氏に声をかけられ、久しぶりに会食しました。何事かと聞いてみれば「言われのないパワハラで糾弾されている」というのです。

   パワハラを訴えている相手は、直属の部下にあたる教授。M氏が「あなたは好きな研究をしていいから、生徒の前には出ないように」と指示したところ、それがきっかけで体調を崩したと学長に直訴されたというのです。

「使命感を感じさせない者には教鞭をとらせない」

「良かれと思ってしたこと」でパワハラと言われ
「良かれと思ってしたこと」でパワハラと言われ

   M氏は、「彼のように医師として教育者として、使命感を感じさせない者」には教鞭をとらせたくないと考えたようです。しかし学長は「穏便に物事を運んでくれ」と言うばかり。彼は「大学の学術的レベルアップを考え良かれと思ってしたことなのに、納得がいきません」と嘆いていました。

   M氏は旧帝国大学の医学部で助教授を務めていましたが、年老いた両親の事もあり実家近くに職場を移したいと考えていたところ、ちょうど地元の私立医大に教授として声がかかり、3年ほど前に転籍してきました。

   その実力を買われて着任1年余りで担当学科の主任教授に抜擢されましたが、彼は着任早々から、この学校の「異常性」に気がついていたそうです。

   以前いた国立大学医学部よりも規模が小さいのに、教授が約3倍もいること。教授会とは名ばかりで、事務連絡と学長の話を聞く「上へ倣えの会」になっておりアカデミックな雰囲気がまったくないこと。

   もっとも気になるのは、教授の名に甘んじて前向きな研究を何一つしようとせず、他人の研究レポートを部分引用してノルマをこなすだけの「ぶらさがり無気力教員」が半数近くもいることです。

   M氏はこれまでも「やる気のない教員は辞めさせるべきだ」と学長に何度も訴えているそうですが、学長は、過去の事件で世間の評判を落とした時期に教授のイスを餌に頼み込んで教員誘致をした手前、「いまさらどうにもならない。とにかく彼らが辞めるまでガマンして欲しい」と言うばかり。

   彼はそうは言われてもガマンがならず、「自分ひとりででも、たとえ相手に訴えられてでも、やる気のない教員は徹底して排除していく」と危険な暴走をしかねない状況にありました。

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中