2019年 12月 8日 (日)

ケータイも会社も「乗り換え」もっと簡単に それで日本がハッピーになる!?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日本国外にいて、非常に便利だなと思う仕組みが、プリペイド携帯です。

   海外から来た人でも、非常に簡単で安く通信環境を手に入れられます。この制度のメリット・デメリットを考えていたら、日本の雇用制度と似ているなと気付きました。

   私は今、取材のためにフィリピン・セブから、カンボジア・プノンペンに来ています。

   このカンボジアでは、携帯電話の料金は非常に安く、1か月1GBの通信料金がたったの3ドル(300円)です。日本の携帯を持っていって、国際ローミングし放題を使うと、1日2000円以上するので、この安さは特筆すべきものがあります。

フィリピンでも1か月1GBで1100円程度

お値段1ドル!カンボジア シェムリアップ空港内の携帯電話屋
お値段1ドル!カンボジア シェムリアップ空港内の携帯電話屋

   この価格はカンボジア特有のものではなく、フィリピンでも1か月1GBで1100円程度。欧米先進国を含む多くの国で2000円以下で充分な通信を行う事ができ、日本の高い通信料はどうなっているのだと疑問に思ってしまいます。

   手続きも非常に簡単で、空港に携帯会社のカウンターがあり、そこに自分の携帯電話を持っていって「このプランで」と伝えれば、5分くらいで設定してくれます。カンボジアの場合は、1ドルのSIMカードに4ドル分チャージ、合計5ドル(500円程度)払えば充分です。国によってはパスポートが必要な場合もありますが、面倒な申込書などを書く必要はありません。

   日本にも、このようなプリペイドサービスはありますが、購入できる店が限られていたり、手続きが面倒だったりで、もうちょっと頑張って欲しいところです。ちなみに、ロンドンのヒースロー空港や、フィリピンのマニラ・ニノイ・アキノ空港にはSIMカードの自動販売機もあります。

   ただ、一つだけデメリットがあります。最初にSIMフリーの携帯電話の端末を買わなくてはならず、機種によってはそれが高額です。私は、iPhone4Sをバンコクで購入しました。日本で買ったiPhoneはそのキャリアでしか使えないようになっているため、世界中どこでも使えるものをバンコクで購入したわけです。そのお値段、約7万円。初期費用実質無料もある日本のiPhoneが夢のようです。まあ、この端末代が月々の通信料に上乗せされているので払う総額は変わらないのですが。2年以内に解約すると高額の違約金を払わなきゃいけないのもこういう理由です。

   これって、日本の新卒就職の制度にちょっと似てるなと思いませんか?

   2013年現在、欧米先進国では、大学をでた新卒の学生が就職をするためにインターンなどを経て就業経験を積むことが当然となっています。会社に入る前に、大学の学問以外に、インターンという経験を積まないと就職できない。入社にそれだけのコストがかかります。その代わりといってはなんですが、転職を繰り返してキャリアアップをするのが一般的です。

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中