スキル重視採用なら「英語もできない」文系学生は全滅? 実は逆、大きく羽ばたくチャンスだ

印刷

   ポテンシャルで採用されるのと、スキルを中心に採用されるのと、どちらがいいでしょうか。

   わたしは先日、『英語もできないノースキルの文系学生はどうすればいいのか?』という本をだしました。トップ上澄みだけではなく、普通の学生がどうやってステップアップできるのか。

ポテンシャル採用かスキル採用か

「半年間留学して、のこりの半年は、実際に英語をつかった仕事でインターン」で怖いモノなし?
「半年間留学して、のこりの半年は、実際に英語をつかった仕事でインターン」で怖いモノなし?

   多くの方は、英語もできないノースキルの文系学生にとっては、スキル採用ではなくポテンシャル採用のほうがよいと感じていると思います。もしスキルが重視されるようになったら、英語もできないノースキルの文系学生は全滅だと。

   しかし、わたしは、実は反対だと思っています。

   私は同書のなかで、最低でも英語を身につけて、英語もできないノースキルの文系学生は、できれば就活する前に会社で働いて実務経験を積んでみよう、と提案しています。

   現在はフィリピンへの留学を使えば、月に10万円程度でフルタイムの英語の講義が受けられますし、TOEICにして200点くらいの英語力アップと、ノンネイティブと仕事のやりとりができるくらいの英語力は身につけることができます。

   そして、半年間留学して、のこりの半年は、実際に英語をつかった仕事でインターンをしてみては?と提案しています。

   最低限それだけやれば、かなりの差別化になります。ほとんどの人が英語が満足に喋れないなかで、実際に仕事として半年やっていたとなれば、それなりに自信もつくでしょう。

   就職活動だって物怖じしないで済むはずです。

「スキルで採用」の世の中の方が人に優しい

   こういうと、「企業はそんなひとはとらないよ。採用をわかってない」というツッコミをくらうこともしばしばです。

   そうなんです。実はその指摘も正しいのです。

   トップ企業の新卒採用というのは、まさにポテンシャル採用です。しかし、最近は、バブル時代とちがってポテンシャルといっても、本当に上澄みの人のハイパーポテンシャルな人しか採用しません。学歴があり素直で元気程度では全然ダメなのです。

   頭がよくて、リーダーシップもあって、タフで、吸収力があって、コミュニケーション力が高くて、しかも気配りができて組織に馴染みそうで和はみだすほど尖っておらず、さらに上司の考えを汲み取りつつも自分なりの考えを加えて行動できるような人間。

   はっきりいって、パーフェクトな人材しか欲しくないんです。

   そのなかには、スキル要件はありません。そういう人材はあとからスキルが学べるから。ポテンシャルで採用するということは、逆に言うと、実務経験やスキルを軽視するということです。

   日本の企業が、ポテンシャルの採用にこだわって、スキルではなく人の素質で採用を決めている限り、中堅大学以下の学生には、はっきりいってチャンスはありません。

   もう幼少のときの育て方や考え方のレベルから、就活向けに育てていかないと太刀打ちできないんです。

   かつては文系ノースキル学生にとってはポテンシャル採用はすばらしい採用でした。高度成長期で人が足りませんでしたが、そこそこの大学を卒業すれば、職につけたからです。

   しかし現在のポテンシャル採用は、いってみれば、果物屋の店頭で、傷みやすい桃の山のなかから、傷も全くなくピンク色で色艶がよく甘く完熟した桃を、たった一つだけ購入するような採用です。

   ノースキルの中堅以下の学生にとっては、逆にスキル採用のほうが優しい場合もあります。奮発して、英語を学び、なにか実務を身につけたりすれば、それで雇ってくれるところがあるという採用の中のほうが実は、優しいのです。10年浪人して、司法試験に合格しました、というひとが弁護士として活躍できる世界のほうが人にはやさしいのです。

   スキルはあとから挽回可能です。勉強したり努力したりすることで身につけることができますが、ポテンシャルは勉強や努力によっては、向上しません。

   ポテンシャルで人を判断すると、年齢のほか、性別や、国籍、留年がどうだとか、過去の挽回できない経歴も考慮に入れないといけなくなります。それよりも、何ができるかということで判断して、それ以外のバックグラウンドを問われない採用のほうが、むしろ人に優しい採用だといえるのかもしれません。(大石哲之)

大石哲之(おおいし・てつゆき)
作家、コンサルタント。1975年東京生まれ、慶応大学卒業後、アクセンチュアを経てネットベンチャーの創業後、現職。株式会社ティンバーラインパートナーズ代表取締役、日本デジタルマネー協会理事、ほか複数の事業に関わる。作家として「コンサル一年目に学ぶこと」「ノマド化する時代」など、著書多数。ビジネス基礎分野のほか、グローバル化と個人の関係や、デジタルマネーと社会改革などの分野で論説を書いている。ベトナム在住。ブログ「大石哲之のノマド研究所」。ツイッター @tyk97
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中