フィリピン・セブから「台風被害」報告 復興支援のため日本人ができるコト

印刷

   2013年11月8日、フィリピンに巨大な台風・ヨランダが直撃し、レイテ島を中心に非常に大きな被害をもたらしました。

   私は、このレイテ島の中心都市タクロバンから200キロ弱離れた、セブ島・セブシティに在住しています。日本人も多く訪れるこのセブ島の被害状況についてお伝えします。

   まず、はじめにお伝えすると、日本人が観光で訪れることが多いリゾートアイランドマクタン島や、人口87万人・フィリピン第二の都市であり英語学校などがたくさんあるセブシティは、2013年11月中旬現在、ほぼ平常に戻っています。たまに停電などは起こるものの、スーパーには物があふれ、治安悪化などもありませんので、普通に観光や留学に訪れても問題ありません。セブシティとタクロバンとは東京から長野や静岡くらい離れており、海も隔てているため、テレビで報道されている様な被災地とは全く状況は異なります。

セブシティでは、翌日には店や空港も開き、元の日常が始まっている

高層ビルとトタン屋根が入り交じる街、セブシティ
高層ビルとトタン屋根が入り交じる街、セブシティ

   個人的な感覚ですが、この台風でのセブシティの被害は、東日本大震災の時の東京に近いものだったと感じています。11月8日の台風直撃の日、数時間の暴風雨が訪れ、その間は店舗が閉まったり、停電が起こったりして街は混乱しました。しかし、暴風が去った当日の夕方からは、街に人が戻りだし、停電も徐々に復旧します。翌日には店や空港も開き、元の日常が始まっています。震災当日夜から電車が動き出し、翌日からひっそりと街が動き出した東京と同じです。

   セブ市民の様子も同じです。テレビでレイテ島の被害を見て悲しみ、多くの人が寄附をしたり、救援物資を調達したり、有志の人が被災地にその物資を運んだりしています。報道ではレイテ島の中心地が一番多く報道されていますが、セブ島の北部にあるバンタヤン島なども大きな被害を受けており、そこまで片道数時間かけて自分の車で物資を運んでいる人もいます。

   私が住んでいるのは鉄筋コンクリートの11階にある、ホテルのスイートルームです。台風直撃時も、窓の隙間から若干の雨漏りがあったくらいで、風にはびくともしませんでした。おそらく、台風がセブ島に直撃していても(それなりの確実で)無事だっただろうと予想できます。しかし、ホテルの窓から下を見下ろすと、そこにはトタン屋根の平屋建ての家が並んでいます。その界隈を歩いて見ると、台風の前から窓が割れていたり、そもそも窓にガラスがなかったりする家がたくさんあります。このような家は、台風が直撃していたら…と思うと、レイテ島の状況は人ごとではないということが分かります。

浮き彫りになった「貧富の差」

   途上国はどこでもそうですが、貧富の差が非常に大きく、先進国と同じような家に住んでいる人から、掘っ立て小屋に住んでいる人まで様々です。一年中暑くて、暖房の必要がないため、そんな掘っ立て小屋でも平時は何も問題ないのです。しかし、今回の台風のような大きな災害が起こると、皆さんもご存じの通りのあの状況に陥ります。

   ならば、全ての国民が先進国並みのきちんとした家に住めれば…とも思うのですが、残念ながらフィリピンという国はそこまで豊かではありません。今回も、防災対策などに不備はあったかもしれませんが、どんなに対策をしていても、根本的な家屋の脆弱さがあるので、やはり被害はでていたものと思われます。このような被害を減らすための方法は、国全体として豊かになり、一人でも多くの人が豊かな暮らしをできるようにするしかないのかもしれません。

   そんななか、私たちにできることはふたつあります。ひとつは、義援金の寄附です。モノ自体はセブ市内にたくさんあるので、そこから船で運ぶことができます。また、フィリピンは物価が安いので、同じ一万円でも日本で食料を買うより、フィリピンで買った方が何倍もの食料が買えます。また、フィリピン人は食に保守的な人が多いのでフィリピンで買ったフィリピン食材の方が喜ばれます。

   多くの団体がセブから被災地に人的、物的な支援を行っており、その支援のために一番役に立つのがお金です。我々先進国の「豊かな暮らしをしている人」は、是非金銭的な支援をするべきだと思います。

渡航を自粛しないで欲しい

   もうひとつが、セブなどに観光や留学の予定がある人は、渡航を自粛しないで欲しいということです。今回大きな被害を受けたレイテ島の人たちの中に、セブ島などに出稼ぎに来ている人はたくさんいます。彼らは、セブで仕事をしてお金を稼ぎ、地元に仕送りしています。今現在は、義援金などによって対応がなされていますが、数か月後、数年後まで義援金を頼りにすることはできません。自分たちで稼ぎ、自分たちで復興していく必要がでてきます。その時に力になるのが、こうやって大都市に出てきてお金を稼ぐことができる人々です。彼らが持続的にお金を稼ぎ、仕送りすることで、長期的な復興がなされます。今、多くの人が自粛することで、彼らの雇用が不安定になってしまうと、レイテ島の将来に大きな負の影響をもたらす可能性があるのです。

   そして、根本的な解決策は彼らが豊かになり、台風がきても大丈夫な家に住めるようになることです。そのためには、多くの人がいい家に住めるだけの給料をもらえるようになることが大切です。観光や英語学校留学でお金を落とすことが、間接的に彼らのキャリアアップを支援し、その向こうに復興があるわけです。

   セブ島の被害状況について、より詳しく知りたい方は、筆者のブログの記事をご覧頂けたらと思います。(森山たつを)

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中