2020年 10月 27日 (火)

忘年会に「新しいバー」はいかが? 意外と使える「ボトルキープ」

ルイボスブレンドだからノンカフェイン。就寝前のリラックスタイムにおすすめ。

定期的に飲みに行く同僚がいれば最適

   働く人にとって、ボトルキープが功を奏する場面がいくつかある。まず考えられるのが、職場の飲み会の2次会にバーを使うときだ。

   職場の飲み会のあと、もう少し話したい相手と行く2軒目としてはちょうどいい。少し残ってもボトルキープなら新年会や、年度末の送別会にも使える。

   定期的に飲みに行く友人や同僚がいれば、ボトルキープは間違いなくオススメだ。接客に慣れた女性バースタッフが、絶妙な距離感で会話に合いの手を入れてくれる。

   もちろん、ひとりで飲みに行く場合にも悪くない。職場でも自宅でもない場所で「やれやれ」という時間を過ごしたいときに、バーほど向いた場所はない。「すいません!」と大声で店員を呼ぶ必要がないし、行き届いたタイミングで飲み物やフードを勧めてくれる。

   これから数か月はイベントも目白押しだ。ボーナスからちょっと奮発してボトルを入れておき、たまに「僕の行きつけなのでおごるよ」と言っても、かえって軽い負担で済む。

   レベルの高い仕事をするには、レベルの高いサービスに触れておくことが近道と言われる。カウンターに座ってバースタッフと世間話ができる店を作っておけば、いざという時の助けになるだろう。

WHISKY BOTTLE BAR
少し話し足りない時、もう少し飲みたい時に、親しい仲間や大切な人を連れて行きたい、ちょっといい大人の店。
現代人のセンスに合う洗練された雰囲気の中、マイボトルのウイスキーを高品質で愉しめ、カウンターでの会話に癒される。「ありそうでなかった大人の店。」あなたはもう体験しましたか?
詳しい情報は「WHISKY BOTTLE BAR NAVIGATION」からどうぞ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中