2021年 5月 12日 (水)

「知人の紹介で転職」意外にトラブル多い 親友よりも「弱い絆」の方が有効

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

米社会学者が実証した「弱い紐帯」理論

   実は、転職で効果を発揮する人的ネットワークは意外なところにあるようだ。米スタンフォード大学教授で、社会学者のマーク・グラノヴェッター氏が提唱する「弱い紐帯の強み」(The strength of weak ties)という理論に、その「答え」がある。

   同氏は1973年、転職に際しては、家族や親戚、親しい友人といった強固な結び付きよりも、日ごろそれほど接触のない人的なネットワークを利用した方が転職後の満足度が高いという仮説を、研究に基づいて立てた。いわゆる「強い紐帯」の人々は、自分と似た価値観を共有しているため、得られる情報も自分が知っているものが多くなるという。だが「弱い紐帯」の人々とは普段密接なかかわりがないだけに、かえって自分の持っていない情報を提供してくれるというわけだ。むろんすべてのケースに当てはまるわけではないだろうが、「コネ」に頼る場合、親友よりも仕事上たまに連絡をする程度の人物、もしかしたら交流サイト(SNS)上だけの付き合いの相手の方が有効かもしれない。

   記者の場合も、過去に転職先の情報を得た相手は、「共通の友人を介して初めて会食した人」と、「きょうだいの知り合いだが自分は1度も会ったことのない人」だった。幸い、いずれも会社も満足できる仕事環境だった。「弱い紐帯」理論を図らずも実証した例だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中