「『人に優しく』では競争に勝てない」って本当なのか? これからのビジネスを制する発想とは

印刷

   『GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代』(著アダム・グラント、監訳・楠木建、三笠書房)。2014年1月発売。1890円(税込)。著者は、気鋭の組織心理学者。米ビジネススクールの名門「ウォートン校」の史上最年少終身教授としても知られる。三笠書房サイトによると、

「他人に優しくしていたら、厳しい競争を勝ち抜けない?――それは大きな誤解だ。これからは、他者志向の思いやりの発想とコミュニケーションが、あなたの仕事に大きな成功をもたらす」

   さらに、「人に惜しみなく与える人(ギバー)」と「真っ先に自分の利益を優先させる人(テイカー)」、「損得のバランスを考える人(マッチャー)」を並べ、「もっとも成功するのは誰だろう」と、疑問を投げかけてもいる。果たして答えは…


   この本に対する「読みたい度」はどれくらいですか? 記事下の「1クリック投票」からご参加下さい。コメントもお待ちしています。

『GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代』
『GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代』
『GIVE & TAKE 』、あなたの「読みたい度」は?
すごく読みたい
読んでもいいかな
もう読んだ
微妙
その他
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中