2018年 6月 22日 (金)

「市場が10分の1に縮小」の危機 あなたの社の経営者は乗り越えられるか

印刷

   『魂の経営』(古森重隆、東洋経済新報社)。1680円(税込)。著者は、富士フイルムホールディングス代表取締役会長兼CEO。社長時代に経営改革を断行し、業績をV字回復させた。2013年10月発売。東洋経済サイトによると、

「写真フイルム市場が10分の1に縮小するという『本業消失』の危機を、奇跡と称される事業構造の転換で乗り越え『第二の創業』を成し遂げた、(略)会長兼CEOによる書き下ろし。10年に及ぶ経営改革の全貌と、リーダー哲学が初めて語られる」

   6章立てで、「有事に際して経営者がやるべきこと」や、「グローバル時代における日本の進路」といった章も。


   この本に対する「読みたい度」は、どれくらいですか? 記事下の「1クリック投票」からご参加ください。コメントもお待ちしています。

『魂の経営』
『魂の経営』
『魂の経営』、あなたの「読みたい度」は?
すごく読みたい
読んでもいいかな
もう読んだ
微妙
その他
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中