時間がきたら「ベーコンの香りと焼く音」 目覚ましアプリで朝爽快!?

印刷

   これまでのウェブキャンペーンは、グラフィックや音楽の表現を用いてユーザーの視覚や聴覚に訴えかけてきた。しかし、今後の企業発信メッセージでは、「嗅覚」が重要な位置を占めるようになるかもしれない。

   肉の加工食品ブランド「Oscar Mayer」は、ベーコンの焼ける音と匂いで朝のスタートを迎えてもらおうと、iPhone向けの目覚ましアプリを開発した。

ダウンロードし、起きる時間を設定

ベーコンの香り、噴射!
ベーコンの香り、噴射!

   iPhoneのヘッドフォンを差し込む口に、直方体の形をした専用のデバイスを取り付ける。ここには焼けたベーコンの香りが付けられた液体が入っている。App Storeで専用のアプリをダウンロードし、起きる時間を設定しておく。

   すると、指定された時間にiPhoneがベーコンの焼ける音を発し、デバイスの小さな穴から液体が噴射されるという仕組みだ。ベーコンの焼ける匂いで目を覚ますと、お腹がすいてすっきりと朝起きられる?かもしれない。もしくは胸焼けしてしまうだろうか。

   iPhoneアプリはApp Storeで無料公開されているが、デバイスは特設サイトでクイズに答えたひとの中から抽選で当たる。現在のところ、発売の予定はないようだ。

   日本でも以前、似たような仕組みで焼肉の香りを楽しめるアプリが話題になったことがあった。あらゆるモノがインターネットに接続する「Internet of Things(モノのインターネット、IoT)」という言葉を耳にする機会が増えるなか、今回の取り組みのようなユニークな活用法が広がっていきそうだ。(岡徳之)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中