2019年 9月 19日 (木)

あなたの会社にも「STAP社員」いる? ピンチになると記憶を消し「初期化」、会社を辞める

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「最近の若者は精神的に弱い」。時代を問わず、上司や先輩が若手の愚痴をこぼすときに口をついて出るセリフだ。いまでも、「ちょっと叱っただけで会社を辞めてしまった」という事例は、インターネット上をにぎわしている。

   少しの刺激を与えると、それまでの自分を消し去って周りとの関係を絶ち、最後は自分自身を「初期化」する。何かと話題の「STAP細胞」に「すぐ会社を辞める若者」をなぞらえる風潮も出てきた。

周囲とのコミュニケーションを断ち切ろうとする

理研にも「STAP社員」はいる?
理研にも「STAP社員」はいる?

   就職情報サイト「キャリコネ」2014年3月13日に掲載された記事に、「STAP社員」なる言葉が載っていた。仕事で壁にぶつかるとすぐに仕事を休み、周囲とのコミュニケーションを断ち切ろうとする。入社から1年もたたず退職した3、4人の若手には、こうした共通点が見られたという。まるで、弱いストレスを受けただけで記憶を消去して簡単に初期化するSTAP細胞のよう、というわけだ。

   仕事を辞めないまでも、仕事でつまずけばすぐに家に帰って逃避したがる新人。記事に登場する先輩社員は「仕事は仕事でちゃんとやってもらわなければ、会社をクビになっても仕方がないことぐらい理解してほしい」とぼやく。だが、こんな話を口に出せば今度は「パワハラだ」となりかねない。何とも厄介だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中