「就活に黒スーツ」は常識知らずだ! 若者に「萎縮」を強いるな

印刷

   学生が就活の際に身にまとう「リクルートスーツ」。無難な色と着こなしという点で、男女問わず今日(こんにち)では黒が圧倒的に多い。

   落ち着いた色であればほかにもあるはずだ。なぜ黒以外はダメなのか、根拠はいまひとつはっきりしない。

バブル世代「保守的な企業ほどグレーでなければならない、と言われた」

「就活の成否」とスーツの関係とは
「就活の成否」とスーツの関係とは

   マイナビは、内定を手にした男子学生204人、女子学生300人に「就活スーツの色」についてアンケートを実施し、結果を公表した(2013年10月)。男子は、「黒」と答えた割合が77%と断トツの首位。以下「紺」15.2%、「グレー」6.4%と続く。女子の場合、「黒」の独占状態はさらに顕著で92.3%に達する。2位の「グレー」はわずか4.7%だった。

   今から20年ほど前、現在40代前半の人たちが就活をしていた頃は、リクルートスーツと言えばグレーや紺だった。ところが最近は、こうした地味な色ですら敬遠される傾向があるようだ。インターネット上の質問投稿サイトを見ると「就活のスーツにグレーってまずいですか」との問いが投げかけられている。本人はグレーを買ったのだが、合同説明会に行くと誰もが黒いスーツを着ていて自分と同じ色はひとりも見かけないので不安になったそうだ。また「バブル時代」に就活をしたという回答者は、「保守的な企業ほどグレーでなければならない」と言われ、黒のスーツを着ようものなら「常識知らず」のレッテルを張られたと当時を振り返っていた。

   「AERA」2014年4月7日号は、「黒スーツは本当に有利?」と題した記事を掲載した。黒が主流に取って代わったひとつの理由として、景気を上げている。バブル期は学生側に余裕があり、スーツも好きな色や柄を着ていた。だが景気の落ち込みで企業が採用枠を絞るようになると、学生が委縮して黒を選ぶようになった、と説明する。

スーツの色より「茶髪、金髪」がよっぽど悪い印象

   ただ、黒なら有利でほかの色だと不利になる、というのは必ずしも当たらないようだ。スーツカンパニーは、経営者や役員、会社員、公務員206人を対象に実施した「新卒者の面接時における身だしなみに関する調査」の結果を2013年12月17日に発表した。

   新卒者の面接の際、見た目・身だしなみでマイナスになるポイントとして最も多く挙げられたのは「茶髪、金髪」で76.4%、これに「ピアスやネックレスなど派手なアクセサリー」が71.4%で続く。一方、「スーツの色」は、調査で挙げられた19項目中、下から4番目(「その他」を除く)だった。スーツの色よりも注意すべき点は、ほかに多く存在するというわけだ。

   では、スーツの色が面接の際にプラスに働くことはあるのか。最も好印象を与える要素は「体型に合ったスーツの着こなし」で、以下「靴がピカピカ」「ズボンの折り目」の順だ。「紺、黒系」のスーツの色という回答は5番目にランクイン。「紺」も含まれていることから、必ず黒でなければいけないわけではないだろう。スーツの色は、相手にポジティブにとらえられる要素となり得るが、これも最上位ではない。ほかに重要なポイントがあることも事実のようだ。

   近年は、あまりにも黒スーツが就活用として普及したためだろうか、質問投稿サイトには「リクルートスーツは喪服代わりになりますか」との問い合わせも出てくるほどだ。

   アベノミクスによる景気回復で企業の採用意欲が増していけば、就活生もスーツに多少「冒険」できるようになるかもしれない。逆に学生の「保守化」が抜けずに、「余計なことをして面接官に悪印象を与えたらどうしよう」と多くの人が考えるようなら、面接会場は今後も「黒ずくめ」の状態が続くだろう。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中