2018年 8月 16日 (木)

イケア、パート全員を無期雇用に 正社員並みの待遇

印刷

   家具小売り大手のイケア・ジャパンは2014年9月をめどに、すべてのパートタイム従業員の待遇を見直す。日本経済新聞などが2014年4月16日に報じた。職務内容と賃金を見直して、同じような仕事をしている正社員と差がない「均等待遇」を目指す。雇用期間も、期限を有しない無期契約にする。

   同社の従業員は約3400人で、パートは約2100人を占める。パートの半分が6か月契約の有期雇用。新たな制度では、パート全員が無期雇用になるほか、賃金は同じ職務に就いていれば、時給換算で正社員と同等の賃金幅とする。

   正社員とパートで分かれている就業規則を一本化。同時に、就業時間の長さにかかわらず福利厚生を統一する。

   現在、パートの時給は地域によって差があるが、新制度では全国同じ基準とする。新制度で増える人件費は未定。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中