「ゆとり世代はこれまでの世代より優秀」 東大卒の若手社長がおくる「若者応援本」

印刷

   『東大生はなぜ会社で使えないのか?』(関厳、KADOKAWA 中経出版)。著者は、株式会社リブ・コンサルティング社長。東京大学を卒業し、大手経営コンサルティング会社に入社、のち33歳で独立した。1979年生まれの気鋭のコンサルタントだ。2014年3月発売。1400円プラス税。中経出版サイトによると、

「『ゆとり世代』はバカじゃない!」
 「この『仕事の教科書』を読めば、2、3年後に『好きな仕事』をすることは可能。10年後には社長も夢じゃない!!」

   真面目だがコミュニケーション能力が低く、根性はないのにプライドは高い――そんな点において、「使えない東大生」と「ゆとり世代」は似ていると本書は指摘する。その上で著者は、「ゆとり世代はこれまでの世代より優秀」で、「ビジネスパーソンとして活躍するベースがある」と断じる。そんな「若手ビジネスパーソン」に対し、もっと活躍できるきっかけをつかんでもらおうと、マインド(心の持ち方)やラーニング(学習方法)などを説いている。


   この本に対するあなたの「読みたい度」は、どれくらいですか?記事下の「1クリック投票」からご参加ください。コメントもお待ちしています。リンク先の出版社サイトもご覧ください。

『東大生はなぜ会社で使えないのか?』
『東大生はなぜ会社で使えないのか?』
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中