2019年 9月 17日 (火)

「ロールモデル不在」で迷う女子は、「コリン星」をめざす!? 小倉優子が注目される理由

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   最近よく、「今の女性たちにはロールモデルがない」なんて言葉を耳にします。ロールモデルとは、生き方のお手本といったかんじでしょうか。今回取り上げるのは、それにまつわる「ロールモデル厨」です。仕事と家庭の両立もよし、専業主婦もよし、と選択肢が増えるなか、ある特定のロールモデルについて、過度にこだわる人たちを指す言葉です……って、私の造語ですが(たぶん)。

   お手本がないから、一部の女性たちの間では「いっそ、専業主婦になる方が幸せなのでは」との思惑も広がっています。そんなムードもあって、人気が急上昇しているのが、ママタレの小倉優子さん。「仕事はセーブ、大事なのは家事と子育て!」と言い切る彼女が、人気を集めるにはそれなりの理由があるようです。

女子の7割強「ロールモデルがいない」

憧れの先輩は……
憧れの先輩は……

   ウエディングパーク(東京・渋谷)が、20~30代の働く女性300人に対し行ったアンケート(2014年4月発表)のなかで、「周囲に『こんな女性に将来はなりたい』と思うような憧れの働く女性はいますか」と尋ねたところ、74.3%が「いない」と回答したそうです。まさに、「今どきの女性にはロールモデルがない」ことを裏付けるような調査結果。

   そもそも、出産前後で退職する母親の割合は、減少傾向とはいえ、まだまだ半数を超えています(厚生労働省調査、2010年時)。多くの女子は、出産後も会社を辞めずにフルタイムで働く先輩を目にする機会が少ない。さりとて、専業主婦になるには経済的に不安があるのも事実。そういう意味では「ロールモデルがいない」のでしょう。

   この手の調査結果をもって、「女性にはロールモデルが必要だ!」と熱く語ったり、「ロールモデルがいないと嘆く前に、与えられた仕事を精一杯頑張りなさい!」と叱咤激励したりするようなエライ人も、けっこう多いのでした。

   一方、働く女子に理想の働き方を尋ねると、「結婚・出産に関わらず、今と変わらずに働く」というキャリア追求派は4割、「結婚・出産後は仕事を減らす」、ゆるキャリ派が4割。専業主婦派も2割います。後者2項目を合わせれば、全体としては、家庭を重視したい人がやや多いと言えそうです。

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中