2020年 9月 19日 (土)

「業務上の指導」名目に嫌がらせ 「大勢の面前で罵倒」は日常茶飯事

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   モンスターはいたるところに潜んでいる。職場も例外ではない。いや、常に顔を合わせなくてはいけない社内環境での「理不尽な人」は、より深刻で心が折れそうになる。

   2013年に放映された連続テレビドラマ『半沢直樹』は、痛快なストーリーが受けて異例の大ヒットとなった。横暴な上司に悩まされている多くのサラリーマンは、さぞかし溜飲を下げただろう。

薄ら笑い浮かべ「失敗は許されないよ」

  あそこまで怒鳴らなくても…
あそこまで怒鳴らなくても…

   しかし、主人公の決め台詞――「やられたら、やりかえす」「倍返しだ!」とはいかないのが現実だ。

   ある中堅企業での出来事である。50代の部長は30代の部下を会議室に呼んだ。

「A社から苦情の電話だ。納入した商品に不満があるらしい。こちらの担当はX課長だが、彼にはただちに先方へ事情を聞きに行かせている。もし、A社とうまく話がつかないようなら、君の責任において問題を解決してほしい」

   部長はこう言いつけると、足早にその場を立ち去ろうとする。部下は、思わず声を上げる。

「ちょっと待ってください。A社との取引については、まったく事情がわからないのですが……」
「詳しいことは、X課長に聞いてくれ。これくらいの案件は、君にとってお茶の子さいさいだろう。ともあれ、A社との取引は専務の肝いりで始まったことだ。失敗は許されないよ」

   薄ら笑いを浮かべる部長の前で、部下は『またか』と心のなかでつぶやいた。部長の嫌味は耳にタコができるほど聞かされている。なにが気に食わないのかわからないが、なぜか部長から毛嫌いされているようだ。なにかにつけて、面倒なことを押しつけられ、そのたびに強いプレッシャーを加えられる。

『もし、しくじったら、なにを言われるかわからないな』

   部下は、暗澹たる気分で会議室を出た。

援川 聡(えんかわ・さとる)
1956年生まれ。大阪府警OB。元刑事の経験を生かし、多くのトラブルや悪質クレームを解決してきたプロの「特命担当」。2002年、企業などのトラブル管理・解決を支援するエンゴシステムを設立、代表取締役に就任。著書に『理不尽な人に克つ方法』(小学館)、『現場の悩みを知り尽くしたプロが教える クレーム対応の教科書』(ダイヤモンド社)など多数。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中