2019年 9月 19日 (木)

分数ができないリケジョ志望学生もいる それでも「若者への責任転嫁」はお門違いだ

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   もう10年以上前になるが、『分数ができない大学生』という本が出版され注目を集めたことがあった。現在の大学はどうか。今も「できない」大学生は確かにいる。しかも、リケジョや技術者を目指す理系の新入生の間ですら……

   突然だが、次の算数の問題を解いて頂きたい。

≪1/2 + 1/3≫

「そんな馬鹿な!?」。でも、まぎれもない現実

分数の足し算?そんなのへっちゃら、多分、おそらく…
分数の足し算?そんなのへっちゃら、多分、おそらく…

   ……まさか2/5(5ぶんの2)とは答えてないでしょうね?

   通分して、

≪3/6 + 2/6≫

として足せば「5/6」と答えが得られる。

   人によっては「いや~久しぶりに小学校の算数の復習をやったよ、そうだった、そうだった。確かにそんな計算方法だった」と言い訳気味に納得するかもしれない。まあ、もっともな感想である。日常生活ではまずお目にかからないし、スーパーマーケットで買い物するときにも使わない。

   しかし、ほぼ同等というか、いや、それ以下で、「5/6」となる計算方法を理解していない大学生が、筆者の周りにも存在している。

   「まあ、文系だったらしょうがないかな~、高校に入った時点で数学捨てちゃったし…」という状況であればまだしも(文系でも本当は問題があると思うが百歩譲ってよしとして)、この手の学力不足の新入生は、未来の技術者やリケジョを目指す理系の新入生にも散見される。「そんな馬鹿な!?」と思われるかもしれないが、まぎれもない現実である。

   現在、大学には多様な入試で学生が入学してくる。一世代前では学力一発勝負か、せいぜい、二、三発勝負で入学という学生が多かった。しかし、いまは人物重視であるとか、高等学校の推薦で、という学生が相当数いる。この手の計算があやしい学生にかぎって数学の内申点が5段階評価で3とか4で高校推薦を受けてたりするから、正直「???」という状況である。はてさて、高校の学力の品質保証はどうなってるのかしらん?という疑問が……

プロフェッサーXYZ(えっくすわいじぃー)

国立大学を卒業し大学院修了後、助手として勤務。現在は東日本の私立大学の教授であり、フラスコを持ったリケジョの研究指導をしたり、シュレディンガー方程式に頭を悩ませる男子学生の教育を行ったりしている。受験戦争世代と言われた時代から、バブル世代、ゆとり世代、そして、ゆとりは終わった?という現代まで様々な教育・研究現場を肌で体験している。大学教育のみならず初等~高等教育の現場とかかわりを持ち、日々「良い教育は?」の答えを模索し続けている。ちなみにカクテル好きというわけではない、下戸である。また、「猫」も飼っていない。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中