2019年 11月 22日 (金)

オバマ大統領「夏休み16日間」は長すぎる? 「日本人が働き過ぎなのでは?」の声も

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   アメリカのオバマ大統領は2014年8月9日~24日までの16日間、夏休みを取るそうだ。国内外で課題が山積している中、2009年の就任以来、最長となる16日間の「夏休み」に対して、保守系メディアなどからは批判も起きている。

   日本でもこのニュースが報じられた7月中旬以降、ネットを中心に、様々な意見が飛び交った。オバマ大統領の置かれた政治的状況などを踏まえ、「16日間は長すぎる」といった指摘がある一方、自身の夏休み状況と比べ、「長くていいな」とうらやむ声も見られた。

「なぜ、ワイには1日も無いのか」

「リゾート地」かぁ…
「リゾート地」かぁ…

   AP通信によると、オバマ大統領は今年もマーサズ・ビンヤード島で夏休みを過ごす予定。この島は、歴代大統領や財界人ら御用達の高級リゾート地。一部メディアからは「長すぎる」との批判や皮肉が寄せられている。

   「16日間の夏休み」は日本でも話題となり、ツイッターなどでは「危機感がなさすぎる」「あまりに長い。日本では考えられない」といった批判的な意見が少なくなかった。一方、「少しくらい休むのは必要」「日本人が働き過ぎなのでは?」など冷静な指摘や、「オバマは夏休み長くていいな」といった声もあった。中には、「なぜ、オバマには16日間も夏休みがあって、ワイには1日も無いのか」と嘆く人も。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中