2019年 9月 23日 (月)

英語学習「再チャレンジ」の時は来た 新年・春の「一念発起→挫折」組が動き出す

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   お盆休みが終わり、子どもたちは新学期に向けて夏休みの宿題のラストスパート。そんな姿を横目に見ながら、仕事を抱えるお父さん、お母さんたちはこんな思いが押し寄せていないだろうか。「自分も勉強しなきゃ……英語」。

   グローバル人材の登用、英語の社内公用語化とビジネスパーソンにとって英語が「必須ツール」になりつつある今日、気持ちも新たに英語に再チャレンジするのは今だ。

「間違えてバカにされたくない」プライドが問題

外国人観光客から話しかけられたら…
外国人観光客から話しかけられたら…

   「今年は英語をマスターする」と新年の誓いを立てたはずだった。4月の新年度スタートに合わせて、テレビやラジオの英語講座のテキストを買いそろえた。それなのに、結局長続きせずギブアップ――。そんな人たちのために、夏休み明けの今が「今年最後のチャンス」とばかりに、「週刊ダイヤモンド」と「AERA」が同じタイミングで英語特集をぶつけてきた。

   「AERA」2014年8月25日号は、「英語は気持ちが9割」と題して「英語で話せるようになるには」に焦点を当てた。国際機関や世界を舞台に活躍する著名人らのインタビューでは、ゼロからのスタートだった英語をどのように克服したか、体験談とともに成功のポイントが書かれている。ほかにも、文法ルールなどお構いなしでなまりも強烈な「アジア英語」に、ビジネス上どう付き合っていくか、という話題も興味深い。

   TOEICの点数が高くてもコミュニケーションできないとしばしば耳にする。その理由と解決法として、記事中ではレーザー機器専門商社社長の近藤宣之氏が社員向けに開催する英語レッスンを取り上げた。近藤氏はこう語っている。

「完璧にしゃべろうとか、間違えてバカにされたくないといったプライドが、コミュニケーションを妨げている」

   レッスンではとにかく英語をしゃべり、自信をつけるのだという。他人の目を気にしない度胸と、間違うのが当たり前との開き直り、流暢でなくても相手に正しく伝えるという目的意識が大切というわけだ。

   TOEICで700~800点と比較的高い点数を取りながら、会話レベルが低いという事実は、「週刊ダイヤモンド」2014年8月23日号でも指摘された。同誌が提唱したのは、「ネイティブ並み」を目指すのではなく、「グロービッシュ」という簡易ビジネス英語の活用だ。いったいどんなものなのか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中