「辞める理由?上司のあんたがイヤなんだよ!」 退職理由で「ホンネ言えない人」の割合は...

印刷

   仕事を辞める理由は、人それぞれ。給与に不満があった、人間関係がうまくいかない、スキルアップのためなど、様々な思惑があることだろう。が、会社に退職の意思を伝える際、「本当の理由」を伝える人は、それほど多くないようだ。

   求人情報サービスのエン・ジャパン(本社・東京)が、自社サイトのユーザー5000人を対象に、会社(人事)に伝えた退職理由がホンネとは異なるか聞いたところ、「はい」が45%、「いいえ」が55%だった(2013 年8月7日公表)。約半数の人は、会社に本当の退職理由を伝えていないことになる。退職を決めた時、最初に報告をした相手は、約7割が「上司」。上司に退職理由を伝える際、すでに「タテマエ」を用意していたという人が、それなりに多いと分かる。

「ホンネと違う退職理由」を伝えた人は45%

お世話になりました...
お世話になりました...

   ちなみに、会社に伝えた退職理由(単一回答)の1位は、「家庭の事情」(32%)、2位「仕事内容」(25%)、3位「体調」「その他」がそれぞれ11%だった。一方、本当の退職理由(=ホンネ)の1位は、「人間関係」(26%)、2位「社風や風土」(18%)、3位「仕事内容」(16%)となっており、「会社に伝えた理由」(=タテマエ)とは、かなり違う。タテマエの理由でトップだった「家庭の事情」は3%にすぎず、「人間関係」と「社風や風土」が合計4割以上を占めている。

   確かに、「家庭の事情で......」と言えば、上司といえども引き止めづらい。プライベートな問題なので、それ以上詮索されることもないだろう。退職届では、しばしば「一身上の都合により」という書き方をするが、これも、どこかプライベートな側面を匂わせて、円満退社に持ち込む上手い表現かもしれない。

「上司が嫌で辞めるなんて、言えない」

   約半数の人は、退職理由の「ホンネとタテマエ」を使い分けているが、実際は、「どう伝えるべきか」悩む人もいるようだ。質問サイトのヤフー知恵袋には、「上司が嫌で辞めるのですが、上司に退職願いを出すときに、理由がなにか言わないといけないでしょうか」という相談があった(2012年3月31日)。確かに、上司に退職を伝える際、「あなたが嫌だから辞めます」とはなかなか言えない。

   やはりというべきか、回答者からは、「ウソでもいいので当たり障りの無い理由をつけたほうが良い」とのアドバイスが寄せられた。具体的には、「やりたいことが見つかって学校や職業訓練に行くとか、家族の介護とか、家業を手伝うとか、希望の職種につけそう」など、円満退社できそうな理由が並べられている。が、別の人からは、「大人なら、当たり障りのない理由を考えますが」と前置きした上で、「頭にきているのなら、本音も言うのも有りだと思います」との意見も寄せられた。かなりの荒業だが、心の底から上司への怒りがこみ上げているなら、仕方ないかもしれない。

   エン・ジャパンの調査では、「会社に本音の退職理由が言えなかった理由」(単一回答)を聞いているが、最多は「円満退社したかったから」で34%。次いで、「話しても理解してもらえないと思ったから」が20%、「会社批判になってしまうから」が16%となっている。会社への不満はありつつも、上司には、できるだけ穏やかに伝え、納得してもらって退職したい。そんな意図も透けてみえる。(KH)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中