2020年 10月 29日 (木)

残業が悪である本当の理由 「ブラック企業は生き残れない」パート2

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

「残業は悪だ!」の根源的な問題

   私は常々、「残業は悪だ!」と強く主張している。皆さんはその理由を何だとお考えになるだろうか。


   一般的な回答としては...

社員にとっては「自由な時間がなくなるから...」
会社にとっては「残業代がコストになるから...」

といったところが考えられる。確かにそのとおりだ。しかし、もっと大きく、根源的な問題があるのだ。それは...

(A)仕事の効率が悪くなる
(B)会社、組織、社員が抱える潜在的な問題が見えなくなってしまう
(C)有能だがフルタイムで働けない人の戦力化を妨げてしまう

からである。順に詳しく見ていこう。

まず、

(A)仕事の効率が悪くなる

について。

   OECDによる、主要国における年間の労働時間を示した表をみると、日本の労働時間は以前よりは減ってきているものの、相変わらず先進国中トップクラスの多さだ。しかも、これは公的に捕捉されている時間のみであるから、記録には現れない「サービス残業」まで含めれば、間違いなく世界トップ(すなわち、ワースト)といえるだろう。

   では、それだけ長時間働いているなら相応の価値を創出していていいはずであるが、「労働者一人当たりの労働生産性」をOECDデータからみると、これまた日本は先進国最低水準であり、しかも主要先進7か国中の最低記録を1994年から20年連続で獲得し続けている。すなわち日本の労働社会は、頑張って長時間働いても価値を生み出せない、負のスパイラルに陥っているといえよう。

新田 龍(にった・りょう)
ブラック企業アナリスト。早稲田大学卒業後、ブラック企業ランキングワースト企業で事業企画、営業管理、人事採用を歴任。現在はコンサルティング会社を経営。大企業のブラックな実態を告発し、メディアで労働・就職問題を語る。その他、高校や大学でキャリア教育の教鞭を執り、企業や官公庁における講演、研修、人材育成を通して、地道に働くひとが報われる社会を創っているところ。「人生を無駄にしない会社の選び方」(日本実業出版社)など著書多数。ブログ「ドラゴンの抽斗」。ツイッター@nittaryo
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中