2019年 9月 17日 (火)

介護士や保育士が、キャバクラ嬢になる理由

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   介護職員や保育を担う人材が不足しているというニュースは、よく耳にします。今回は、そんな福祉系の現場と、「キャバクラ」で働く女性たちが、一部重なっているというお話です。なぜ、若い女性たちは、介護士や保育士を辞めて、キャバクラで働くのか?掘り下げると、根深い問題が潜んでいることに気付かされるのです。

ずっと子供を見て「気を張っている」感じ

キャバクラ嬢
前職は・・・

   拙著『キャバ嬢の社会学』(2014年2月)の元となる論文を書くため、キャバ嬢たちにインタビューした際、「保育士を辞めて、キャバ嬢になった」という女性がいました(仮に、真奈美さんとします)。その理由は、保育士の仕事が、やりがいはありつつも、あまりにハードワークだったからだそうです。

   「勤務時間中、ずっと子供を見て『気を張っている』感じ。『休憩』って言っても、ずっと掃除や作業に追われている。お昼ご飯も、子供と一緒に食べるから、息抜きはできない。何というか、自分を守ってくれるものが何もないんですよね」(真奈美さん)

   「自分を守ってくれるものがない」とは、どういうことか聞いてみると、子どもの命を預かる「責任」が重すぎるという意味のようでした。

   それに比べて、「大人の男性」相手のキャバクラは、責任感が「まだ軽い」し、「勤務中に『息抜き』の時間が取れるのも大きい」(真奈美さん)。私も、キャバクラに勤務してみて感じたのですが、指名が取れて、気の合うお客さんとおしゃべりしている間は、ある意味『楽しい』のです。繁忙期でなければ、一息つく時間もあります。夜遅くまでの仕事も、慣れれば何とかなるもの。真奈美さんは、「保育士と違って、残業もないから、キャバクラの方がむしろ、時間には『きっちり』してると思う」とまで言っていました。

   同じように人を世話するなら、より多くのお金が貰える方がいい......と言えば、身も蓋もないかもしれません。しかし、子供の命を預かり、責任が重い保育士の仕事に見合う賃金が得られないことが、彼女をキャバクラ嬢に転身させた理由なのは確かです。

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中