2019年 11月 13日 (水)

マイルドヤンキー女子の経済感覚 「20代で一戸建て購入」も当たり前

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   地方や郊外に住み、「地元」から出たがらないといった特徴がある若者たちを「マイルドヤンキー」と呼ぶのが話題になりました。20代の3割が当てはまるとも言われる、マイルドヤンキー。彼らは、『家族・絆・仲間』といった言葉が好きで、かつてのヤンキーのように、大人社会にやたらと反抗することはありません。車やブランド物の所有にこだわるなど、消費意欲も旺盛。今回、取り上げるのは、そんなマイルドヤンキー女子の、意外にも(?)「男女平等」な仕事観です。

   地方都市に住むYさん(28歳)は、商業高校を卒業後、地元に工場を持つ大手メーカーで働いています。中学時代は、ギャル系のグループに属し、それなりに「ハジけていた」Yさんですが、きちんと就職し、一昨年に結婚。今では1児の母です。

旦那は夕方4時に帰ってくる

20代で建てました
20代で建てました

   Yさんは、地元から出たいと思ったことがありません。「うちはオカン(母親)もオトン(父親)も、みんな地元育ち。東京とか大阪に、進学しなかった理由?う~ん、大学とか行かなくても、仕事は地元で、十分あるから」(Yさん)。東京や大阪は、遊びに行くところ。生活の拠点は、あくまで地元です。

   Yさんは、本当に堅実。最初の就職は、不況で良い高卒求人がなかったものの、幾度かの転職を経て、大手メーカーの地元工場で検査を担当するようになりました。職場の主な戦力は、女性ばかり。「ワーキングマザーなんて、どこが新しいの?」と感じられるほど、育児しながら働く母親も、ごく普通にいます。近くには実家もありますから、育児のサポートもしてもらえる。彼女も、そんな先輩たちを自然と見習い、地元つながりで出会った彼氏と、結婚して共働きです。

   Yさんの夫は、「配送の仕事」をしています。「給料は、正直ウチの方がもらってる。旦那は、朝は早いけど、夕方は4時に帰ってきて、『ご飯まだ~?』みたいな。ウケるでしょ(笑)」と言いつつ、ややのろけ気味の彼女。子供が産まれるまで、デートは「2人でパチンコ」でしたが、今は、週末に家族でイオンモールへ出かけ、食品をまとめ買いするのがデートだそう。

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中