2021年 2月 27日 (土)

転職直後にイキナリ妊娠 「ふざけるな!」か「おめでとう!」か

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

「妊娠を甘く見すぎ」「子持ちも引く」と厳しい声

   回答欄には主に女性とみられるユーザーから、手厳しいコメントが並んでいる。

「せめて、2~3年程度は待ったらどうでしょう?同じ部署に、トピ主さんのような方が転職して来たら批判の言葉は口にしませんが『この人、何しに来たの?』とは、確実に思います」
「あなたは、体外受精も妊娠出産も、どっちもあまく見すぎてる。ついでに会社や社会もなめ切ってる。入社して仕事おしえてもらいながら、つわりがひどかったらどうするの?切迫流産になって安静指示がでたら、入社したとたんに長期欠勤ですか?」
「私が前いた会社に、途中入社して3か月目に妊娠2か月ですと報告した人がいました。そこからはつわりがひどいとかで休む休む。引き継ぎもようやく終わり、仕事もおぼえ切ったかなというそばから、再び募集→引き継ぎ。周囲がこうなるのわかっててあえて子作りするんだね、と子持ちもみな引いていました。その人はさすがに空気を読んで、産休をとらず退職しましたけれど」

   「事情が事情だから仕方ない」と応援する声もあるが、多くは「内定を辞退すべき」「転職ではなく退職して妊活に専念すべき」とのアドバイスだった。

   アドバイスももっともだが、働かざるを得ない事情、すぐに妊娠すべき事情など、夫婦にはさまざまな事情があり、一概には言えない側面もある。なかなか難しい問題のようだ。(MM)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中