2020年 9月 26日 (土)

「わら人形に針」実験で判明 「仕事中の甘い物」は理にかなっていた

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   デスクワークの最中、何となく甘い物が欲しくなってしまう人は少なくないのでは。最近では「オフィスグリコ」などの置き菓子サービスもあり、気分転換にちょっとつまみ食い、というのも珍しくないが、「勤務中にお菓子なんて・・・」と白い目で見られてしまう職場もまだあるだろう。

   しかしこのほど、仕事中に甘い物を食べるのは理にかなっている、という研究成果が明らかになった。なんでも、「チョコレートを食べると自制心が強まる」というのだ。

「話し合いの前にはチョコレートを食べておくべき」?

チョコのつまみ食いは許して!
チョコのつまみ食いは許して!

   気になる研究成果は、ウォール・ストリート・ジャーナル日本版に掲載された記事で紹介されている(2014年12月4日)。

   フロリダ州立大学のロイ・バウマイスター氏は、被験者に「1月から順に月の名を言うのではなく、12月から逆に言う」というような「認識の負荷」を高める課題を与えるという研究を行った。こうした課題が与えられた被験者の血中ブドウ糖レベルは急低下するが、課題をこなしている最中に甘い飲み物を飲むと、「自制が顕著に改善する」ことがわかった。

   さらにオハイオ州立大学のブラッド・ブッシュマン氏のチームは、夫婦に数週間にわたって毎日血糖値をモニターしてもらい、パートナーに怒りを覚えた夜にその値を測る。さらにパートナーをイメージしたわら人形に針を刺してもらい、その数で怒りの程度を示させる、という研究を行ったところ、血糖値レベルが低いと針の数が増えていたという。

   記事では、「緊張を伴う話し合いをする時には前もってチョコレートを食べておくべきかもしれない」とまとめている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中