2019年 11月 12日 (火)

「仕事中にロレックス」の警察官に負けるな!? ビジネスパーソンはいくらの腕時計をつけているのか

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   先日、埼玉県警の警察官が、捜査中に制止を振り切った乗用車に引きずられ、身につけていた高級腕時計「ロレックス」が壊れたなどとして、乗用車の男性に、慰謝料や時計の修理費など合計「約360万円」の損害賠償を求めていたことが分かった、というニュースが流れた。共同通信や朝日新聞などが2015年1月下旬に報じ、話題になった。

   ツイッターでは、「そんな高額なものを身につけて捜査していたなんて・・・」などと、驚きの声が広がった。実は、「360万円」は「慰謝料や修理費など」なので、時計の金額は不明だ。が、モデルによっては1000万円超もあるロレックスだけに、「300万円超もする高級時計が壊れた」といった誤解(?)も広がり、「300万超のロレックスねぇ。よく買えたなぁ」といった反応も現れた。芸能界などは別にして、周囲のビジネスパーソンや公務員で、「仕事中に300万円超の高級腕時計をつけている人」はどのくらいいるのか。また、「平均的」にはいくらぐらいの腕時計をしているのだろうか。

若手社会人では「15万円以上」は1割以下

今、何時?
今、何時?

   大学生向けサイトのマイナビスチューデントが、20~30代中心の社会人男女500人に対し、「ふだん、仕事に着けていく腕時計の値段」を聞いたところ、最多は、「腕時計は付けない」(34%)だった。概ね3人に1人の若手社会人は、そもそも会社へ行くとき、腕時計をつける習慣がないわけだ。

   次いで多かったのが、「1万円~3万円」(20.6%)、以下、「5000円~1万円」(11%)、「5000円以下」(10.6%)、「3万円~5万円」(8.4%)、「5万円~10万円」(7.2%)、「20万円以上」(5.6%)、「15万円~20万円」(2.6%)と続く。

   どの価格帯から「高級時計」とみなすかは、人それぞれだろうが、たとえば「15万円以上」をつけているのは、全体の1割以下という結果だった(「社会人は、職場にいくらの腕時計を着けていってる?」、2013年10月11日)。対象世代が若い調査ではあるが、「20万円以上」の回答者の中には、果たして「300万円超」の人もいるのだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中