2020年 12月 1日 (火)

「親子間」事業継承はナゼもめるのか 解決の糸口はこんな所にあった

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

突然、会長が病に倒れる

   会長は追い込まれ悩みました。なぜ息子が本業を大切にせずに事業分野の拡大に走ってしまったのだろうか、若社長の求心力はもはやゼロに等しいのではないか。さらには副社長に社長の座を明け渡したら息子は二度と社長には返り咲けないのではないか、いやもしかすると副社長に会社ごと乗っ取られるかもしれない。そうかと言って副社長の要望を飲まなければ、副社長一派が反旗を翻し会社運営そのものが危機的状況になるのではないか・・・

   そんな悩み事が重たくのしかかってしまったからなのでしょう。会長は突然、病に倒れてしまいます。一時は生命も危ぶまれる重病でした。なんとか一命を取り止めたものの現場復帰はもはや望むべくもなく、長期療養が必要な状況になってしまったのです。

   社内はしばらく混乱が続きました。一時期はこのまま崩壊かと思われたものの次第に落ち着きを取り戻し、創業者不在の状況下でY若社長を中心に団結して窮地を乗り切ろうというムードが高まっていったのです。J副社長もこの流れを察知し、「番頭さん」としての本来の役割に戻っての協力姿勢に転じたと言います。一体、何が起きたのでしょうか。

   後に副社長はこう話していました。「会長が倒れられて、若社長は変わられた」と。お見舞いにうかがった際に、そのあたりのいきさつを会長からうかがうことができました。 「私が倒れて入院すると、Yは毎日のように見舞いに来てくれました。そして『あれを教えてくれ』『これはどう考えたらいいのか』と尋ねてくる。私も毎日1時間ぐらいずつ、がんばって一生懸命話をしました。2、3か月も続けるうちに当社の魂を伝えきれたような気がして、むしろ倒れて良かったかなと。もっと早くにやるべきだったと、反省もしました」

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中