2020年 12月 1日 (火)

「3平でいいの」女子を信じきれない男性 それは「ひがみ」か「卓見」か

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   婚活に勤しむ女性について、度々話題にされてしまうのが「高望みすぎる!」という批判だ。イケメンで平均よりかなり上の年収、限定した職種を求める女性の例が取り上げられ、「そんなんだから結婚できないんじゃ・・・」との陰口もよく聞かれる。

   ところが、最近の女性は「結婚相手に求める条件のレベルが下がってきている」という。本当なのか。

「現代女性は自然体でいられる生活、男女対等な関係を求める」

「普通が一番」・・・ホント?
「普通が一番」・・・ホント?

   女性向け求人情報誌「とらばーゆ」が創刊35周年を記念し、公式サイトに「『こんなに違う?』35年前と今のU29女子!」というコンテンツを開設した(2015年3月9日)。

   その中の「35年前と今の結婚観」を比較するページで、35年前は「一流レストランで夜景を見ながらプロポーズ」、「新郎新婦がゴンドラに乗って降りてくる、お色直しは3回以上など、ド派手な演出の結婚式」でステータスを誇示していたのに対し、現代は「なじみの場所や思い出の場所でのプロポーズ」、「両家の家族のみでリゾート地で手作り風結婚式」が増えつつある、と指摘。そして、

「昔は結婚相手に選ぶならば3高(高学歴・高収入・高身長)と言われていましたが、現代女性は3平(平均的な容姿・平均的な年収・平均的な性格)を求める人が多いと聞きます。かっこよさやステータスを重要視した35年前に比べ、現代女性は恋愛も日常生活も背伸びをし過ぎない、自然体でいられる生活や男女対等な関係を求めているようです」

としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中