2020年 9月 26日 (土)

あなたは「正当に」評価されているか 結局は「好き嫌い」?

あのやずやの『にんにくしじみ』が半額に!?

   成果主義。一頃ほど耳にしなくなった印象もあるが、比較的最近では、日立製作所が管理職給与を「成果主義へ」(2014年9月29日、読売新聞電子版)といった動きもみられる。

   成果主義そのものへの賛否の声は様々あり、なかには、「成果で評価する」は結構だが、その成果や人物の評価の仕方に納得がいかない、という声も根強くある。

不満の理由トップ「評価基準が明確に示されていない」

私の評価、どうなってるの!?
私の評価、どうなってるの!?

   2015年3月3日付の日本経済新聞に、「人事評価に『不満』4割 日経など意識調査 『基準曖昧』で不公平感」という記事が掲載された。

   日本経済新聞社とNTTコムリサーチが15年2月4日~10日にかけて共同で意識調査を実施。20~50代の会社員1054人に人事評価の仕組みについて聞いたところ、「不満」「どちらかというと不満」が37.8%、「満足」「どちらかというと満足」が19.0%、「どちらでもない」が43.3%だった。

   「不満」の理由は、「評価基準が明確に示されていない」が41.0%で最も多く、「評価者の好き嫌いで評価される」(38.7%)、「評価者が直属の上司しかおらず、評価が一面的」(24.9%)と続いた。

   また、自身の人事評価に対しても、「不満」「どちらかというと不満」が33.7%で、「満足」「どちらかというと満足」の22.9%を上回った。

   「不満」の理由は「評価基準が不明確」が67.0%と最多で、「自らが考える評価に比べて低い」「評価が恣意的で不公平」「評価に対し昇給が伴わない」という声も上がったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中