新社会人「将来、774万円稼ぎたい!」 この「野望」、甘すぎる?慎ましすぎ?

印刷

   国税庁の「民間給与実態統計調査」によると、2013年の正規雇用労働者の平均給与は473万円だった。

   働き盛り世代も後半に差し掛かった45~54歳の平均給与が最も高くて491万円だが、2015年の新社会人は、この数字を大きく上回る「774万円」を将来の目標年収として掲げているらしい。この願望は贅沢すぎるのか、はたまた慎ましすぎるのか?

男女とも平均給与を上回る回答

新社会人の希望年収、高すぎ...?
新社会人の希望年収、高すぎ...?

   無料家計簿アプリ「Dr.Wallet(ドクターウォレット)」を運営しているBearTail(茨城・つくば市)は15年4月1日、「2015年4月新入社員の意識調査」の結果を発表した。

   この4月に新卒で入社した新社会人530人に将来の希望年収を聞いたところ、平均額が774万円だった。

   男性の平均は879万円、女性が669万円で、男女で大きく差が付いたが、どちらも13年の平均給与を上回る希望額となっている(調査は15年3月30日から31日にかけて、インターネットを通じて実施)。

   調査結果に対し、ツイッターなどでは

「すげーな、うちのゆとりもこんな考えで働いてると思ったら草しか生えんわww」
「コレを達成するためには月いくら貰わなきゃならんのか考えて...ないか、ゆとりだもんな」
「こういう人達が現実を見て死んでいくのか...」

といった声が上がった。「高望みすぎる!」と考えている人が多いようだ。

   一方で、

「ずいぶん控えめだな 2000万くらいかと思ったわ」
「え、希望年収なんて1億超えだけど、最近の若者は慎ましいな」
「むしろ夢も希望もない答えだと思うが」

と、「希望なんだからもっと高くていいのに」との感想もある。

   ちなみに14年度新入社員の初任給の平均は、大学卒で20万6258円だった(労務行政研究所発表)。ここから年収774万円への道は決して平坦ではないだろうが、今の「稼いでやる!」という熱い気持ちが将来の高年収につながる――かも?(MM)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中