2018年 9月 20日 (木)

2015年度「賃上げ行う企業」92%超 財務局調査、中小企業も89%超

印刷

   財務省は2015年4月22日、「財務局調査による『賃金動向』について」を公表した。2015年度に「何らかの賃上げを行う(予定、以下同)」と回答した企業は92.6%と、14年度の91.9%より上昇した。

   「ベアを行う」企業は47.1%と最も多く、「定期昇給のみ行う」は33.6%、「ベアはせずに一時金増を行う」は11.9%だった。

   また、規模別でみると、賃上げを行う企業は、大企業(資本金10億円以上)で93.7%、中堅企業(同1億円以上10億円未満)94.4%、中小企業(同1億円未満)89.1%だった。

   対象は全国の1372社。ヒアリングの実施は2015年3月中旬から4月中旬。

上がったかな
上がったかな
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中