2020年 9月 26日 (土)

「ブラック企業」のレッテルにだまされるな 「自分にとっての優良企業」を探す方法

創業100年以上、大正製薬こだわりの品質。乳酸菌が入ったごぼう茶でいきいきとした毎日を。

   この4月から新たに社会人となった皆さん、新たな環境で仕事をスタートされた皆さん。職場や仕事には慣れただろうか。楽しく過ごしていけそうだろうか。

   まずは、皆さんのこれからの生活が実り多きものであることを祈念申し上げる。

   会社とは、組織とは、良くも悪くも自分を高めていける場所である。

   仕事で成果を出すことで、周囲や顧客の期待に応えられれば、あなたは感謝され、周囲から必要とされていることが実感できるだろう。もちろん、金銭的な報酬を得ることもできる。これは「良い」方向だ。

どこかで乗り越える必要がある

「自分にとっての優良企業」とは
「自分にとっての優良企業」とは

   一方で、「悪い」ことも起こり得る。思い通りの成果を出せなかったり、人間関係で苦慮したり、「こんなはずじゃなかった・・・」「ブラック企業だ・・・」などと思い悩むこともあるはずだ。

   しかし、その一見「悪い」ように見える状況を、「失敗」の一言で片づけるのか、今後に活かせるのかはあなた次第である。

   私自身にも経験があるが、思い通りにいかない状況に幻滅して別の環境を選んでも、またそこでも以前同様の「思い通りにいかない状況」に直面するものだ。あなたはどこかで乗り越える必要がある。

   乗り越えるなら早い方がいいし、乗り越えた先では「なんだ、こんなことで苦慮していたのか」という爽快な気付きと、あなた自身の成長を感じられることだろう。

   会社や組織では、あなたの身に起こる諸々のことを通じて、そういった気づきや成長を得ることができる。自分を高め、鍛えられる場所として、これほど良い所はまずないといっていいくらいだ。共に仕事を愉しんでいこうではないか。

新田 龍(にった・りょう)
ブラック企業アナリスト。早稲田大学卒業後、ブラック企業ランキングワースト企業で事業企画、営業管理、人事採用を歴任。現在はコンサルティング会社を経営。大企業のブラックな実態を告発し、メディアで労働・就職問題を語る。その他、高校や大学でキャリア教育の教鞭を執り、企業や官公庁における講演、研修、人材育成を通して、地道に働くひとが報われる社会を創っているところ。「人生を無駄にしない会社の選び方」(日本実業出版社)など著書多数。ブログ「ドラゴンの抽斗」。ツイッター@nittaryo
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中