2020年 7月 12日 (日)

株価にネットも一喜一憂 「15年ぶり高値」「18年半ぶり」「急落」そして・・・

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   日経平均株価は、2015年4月に15年ぶりに2万円台を回復し、6月24日には一時、18年半ぶりとなる2万900円台まで上昇した。29日にはギリシャ債務問題の影響で600円近く急落したが、7月2日には2万522円まで戻っている。

   ネットでは、急落時には悲鳴も出たが、「自分の持ってる株がストップ高、初めて!」といった喜びの声や、「株高くらいで盛り上がっているなんて、おめでたいヤツばっかりだな」など、様々な声が飛び交っている。

「買った株がストップ高って嬉しいねぇ! 初めての経験」

どうなる株価
どうなる株価

   6月24日前後のツイートを検索してみると、株高の恩恵を受けたと見られる人のつぶやきが目立つ。

   「ずっと恩恵なかった持ち株たちが、今日は全面高で嬉しい!!」とか、「買った株がストップ高って嬉しいねぇ。初めての経験」と、興奮気味の人も、けっこういるようだ。

   5月の「母の日に、プレゼントと株の情報をあげました。その株が、私のプレゼントより高い利益を上げてくれました^^」と、最近の株高で「親孝行ができた」という人もいる。

   一方、自分は株をしていないが、周囲の様子に変化が見られる、という声も。

   「株に興味のなさそうな同僚ですら、トヨタAA株の噂してた。これは大量の個人マネーが流れ込むね」と、予測する人もいれば、「自社株がストップ高になって、焦って株の勉強を始める同僚たち・・・」と、『いまさら』株の勉強を始める同僚たちを、ちょっと上から目線で見つめる人もいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中