2020年 9月 30日 (水)

海外で受けた屈辱 「日本人は教育水準が高いのに、英語が下手で話せないんですね」

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「英語が話せるビジネスパーソンは、かっこいい。仕事もできそう」――何となく、そんな印象がある。2015年も7月に入り、早くも夏休みの計画で、海外への短期英語留学を考えている人もいるかもしれない。

   今回紹介するのは、社会人になって、英会話ができずに「悔しい思いをした」「最速で英会話をマスターしたい!」というお悩みだ。果たして、そんな方法はあるのか?

「英会話教室に通うのはイヤ」

ふむふむ、なるほど
ふむふむ、なるほど

   質問サイト、Yahoo! 知恵袋には、こんな投稿があった。「英会話、最速攻略方を教えて下さい!」(2015年2月16日)。投稿者は現在、「高校卒業程度の英語力で社会人になり、英語から遠ざかり、また勉強し直し中」という。海外旅行でもしたのか、「英語圏内に1週間滞在すれば、かなり(英会話が)上達すると身をもって感じました。さらに英語が話せるようになりたいと本気で思いました」という。「(海外では)自国言語と英語を話せる人も多く、『義務教育で6年間英語を学習した』と言ったら、6年勉強してぜんぜん話せないのでビックリされた」そうだ。タイの若者にも、「『日本人は教育水準が高いのに、英語が下手で誰も話せない』と言われました」と、悔しさもにじませる。

   投稿者によると、「タイの20歳過ぎの若者は、皆英語を話せていました。しかも『1年位で話せるよ』と言ってました。悔しいので、英語話せるようになりたいです」。色々な教材や、スピードランニングなどもあるが、「社会人でも自宅でできる勉強方法を教えて下さい。英会話教室に通うは無しで」と、教えを乞うた。

   質問には、さまざまな回答が寄せられている。ある人は、「最短60日で日常的な英会話をマスターする方法があります」という。その方法とは、「最もよく使われる英文60パターンを完全記憶すること」。「実は調査によって、日常英会話は、60パターンの英文で、ほぼ問題なく会話できることが分かっています。その60パターンの英文を完全記憶すると、頭に英語がパッと浮かぶようになります。(略)なので、質問者さんの言うようにタイで1年くらいである程度の英語がしゃべれるようになるのは、不思議なことではないと思います」。なるほど、「話す」だけなら、よく使う60パターンを丸暗記すればいい、というわけか・・・。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中