2019年 11月 23日 (土)

保育士F子が「怒りすら覚える」 子供の朝食「カレーパン半分」の実情

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   昨今、「保育士不足」が叫ばれています。子供の命を預かる、責任の重い仕事であるにもかかわらず、待遇が見合わないことなどがその理由とされていますが、今回は、実際の保育士さんに聞いた「母親とのコミュニケーション」について、書いてみたいと思います。

   F子さんは、25歳の保育士。とある地方の保育園で働いています。日々、忙しいワーキングマザーたちと向き合っているわけですが、その中で「これはどうすればいいの?」と、悩み、時に怒りを覚えることすらある、というのです。

「朝食はカレーパン半分」

朝ごはん、何食べた?
朝ごはん、何食べた?

   F子さんいわく、保育士と保護者をつなぐ「連絡帳」には、園児たちがどのような朝食を食べてきたか、などを記入する欄があるそう。気になるのは、その内容です。

   「『朝ご飯』のところに、『カレーパン半分』とか『お菓子』とか、書いてあるんです。それも堂々と。そういうお母さんが本当に多いんですよ。ありえないですよね? 育ち盛りの子供にカレーパン半分って・・・栄養バランスを考えてないお母さんが、今、本当に多いんです」(F子さん)

   F子さんは、保育士として働き始めて数年経ち、職業意識もかなり高い方。彼女なりの、「あるべき母親像」から、あまりにもかけ離れた「食事の様子」に、怒りすら覚えてしまうそうです。

   「もちろん、働いているから、忙しいのは分かりますよ。でも、ちょっとはお子さんの食事も考えて欲しいんです。手をかけなさすぎて、子供がかわいそう。過保護もどうかと思いますけど、全く逆のお母さんもいて、そっちの方が個人的には心配です。食事の偏りを、さりげなく『連絡帳』で指摘しても、直らないんですよ。『偏食』を悪いと思っていないお母さんが多いんです。特に若い層に多いですね」(F子さん)

北条かや(ほうじょう・かや)

1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』。ウェブ媒体等にコラム、ニュース記事を多数、執筆。TOKYO MX「モーニングCROSS」、NHK「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」(2015年1月放送)などへ出演。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
【Facebookページ】北条かや
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中