信長、秀吉、弁慶、卑弥呼・・・ 「上司にしたくない日本史の人物」は誰?

印刷

   有名人、アニメのキャラクター、歴史上の人物など、「上司にしたい●●」を問うアンケートは定番だが、このほど「上司だったらメンドクサイ」日本史の人物のランキングが公表された。

   これを受け、ネット上では色々な「上司にしたくない日本史の人物」の名前が挙がっている。

トップ10には龍馬、光秀、家康ら

何だか斬られそう!?
何だか斬られそう!?

   総合ランキングサイト「gooランキング」が、「上司や担任だったら『メンドクサイ』と思う日本史の人物ランキング」を公開した(2015年7月15日)。

   3位の豊臣秀吉、2位の徳川綱吉を抑えて1位に輝いた?のは、織田信長だった。

   記事では3人がワースト3に選ばれてしまった理由について、

「『鳴かぬなら殺してしまえホトトギス』と例えられるほど、横暴で革新的なイメージの強い」(織田信長)
「『犬公方』とも呼ばれ、歴史の教科書でも知られる『生類憐れみの令』を発布した人。蚊を殺しただけでも罰せられる悪法とされています」(徳川綱吉)
「かつては、立身出世した例としてイメージが良かったのですが、朝鮮への出兵や死後に起こった江戸幕府との対立から、昨今は評価が変わっている様子」(豊臣秀吉)

とみている。

   4位から10位までは、卑弥呼、坂本龍馬、明智光秀、聖徳太子、弁慶、徳川家康、石田三成がランクインしている(調査は15年6月1日から3日まで、『リサーチプラス』モニターの500人を対象に実施)。

「繊細で部下想いだったと思う」信長へのフォローも

   このランキングを受けて、ツイッターでは

「有能だけど、物凄くきびしく、メンドクサそう」

として、明治維新の指導者で政治家の大久保利通や、

「アルハラやばすぎ」

として酒好きで知られる戦国時代の武将・加藤清正、

「同僚にいたら一番嫌というか、お前なんなの?って感じで働く気が失せる」

として、戸次川の戦いで多くの戦死者を出し、自領の讃岐へ逃げ帰ったとされている戦国時代の武将・仙石秀久など、「一緒に働きたくない」人物として様々な名前が挙げられている。

   1位となってしまった織田信長に対しては、

「織田信長の下は、出世のチャンスがあるかもしれないけど、機嫌を損ねた時のリスクがでかいよね」
「織田信長という人物は、『繊細で気配りができて部下想い』のひとだったと思う。ただ、正義感が強すぎて、家臣が『え?!』と驚くことが多かったんじゃないかな」

という見方が書き込まれている。(MM)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中