2019年 10月 18日 (金)

「他人が嫌がる仕事をやろう」なんてキレイ事? 報われない人々が愚痴の数々

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「人が嫌がる仕事もする」ことは美徳とされている。日本電産の創業者で、名物社長として知られる永守重信氏も、

「大きな仕事をやりたい、あるいは、自分の夢とロマンを実現したいと望む人ほど、小さな仕事にも手を抜かず、他人の嫌がる仕事を進んで引き受けることが必要です」

という名言を残している。

   ところがそれを実行した結果、思わぬ苦しみを背負ってしまった人もいるようだ。

引き継ぎを全員強く拒否するほどの仕事を任されて・・・

引き受けたって、いいことない!?
引き受けたって、いいことない!?

   Q&Aサイト「発言小町」に、あるユーザーから「人の嫌がる仕事をすすんで引き受けた結果」が報告されている(2015年7月11日)。

   「人の嫌がる仕事をすすんでやりましょう」というアドバイスは「きれいごとではないか」というユーザー。何でも「皆の嫌がる仕事をすすんで引き受けた結果、その業務の担当から離れられなくなりました」という。

   ユーザーが従事しているのは「魅力が薄く、評価がされない仕事」「地味ですが必要な仕事で、時間もかかります」というもの。引き継ぎを打診された人が全員強く拒否するほどだそう。

   他の仕事をしたいと訴えてもいるが、

「代役を探す身にもなれと情で訴えられたりあなたは専門家だからプロとして続けて欲しいと不要な持ち上げ方をされます。レベルの低い業務・重要ではない業務だと陰口を言っているその口でうわっつらのほめ方をします」

と取り合ってもらえないそうだ。

「人の嫌がる仕事をすすんで引き受けた結果、本当に良いことはありますか?評価がされ、やりがいのある仕事が任されますか?実態はそうではないと思うのですが、いかがですか?同じ状況で苦しんでいた方、打開方法はありましたか?」

と、意見を求めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中