2020年 9月 30日 (水)

「夏のストッキング」が暑すぎと悲鳴 男もいっぺん履いてみろ!

「やずや開発『にんにくしじみ』が凄い」え、初回1日約32円!

   ネクタイや上着を着ない軽装で冷房を節約する「クールビズ」。年々定着しつつあり、街中でノーネクタイにシャツを腕まくりして歩いているビジネスパーソンを見かけることも増えてきた。

   その一方で、意外と女性が夏場のビジネスファッションで苦しんでいるらしい。「ストッキングが暑すぎてもう嫌!」というのだ。

「パンスト義務付け」の職場も少なくない

本当は素足がいいのに・・・
本当は素足がいいのに・・・

   女性情報サイト「女子SPA!」が、都市部で働く20~30代の営業職・事務職の女性200人を対象に「夏のパンスト問題」についてアンケート調査を実施し、結果を公表した(2015年7月27日)。

   それによると、「真夏にパンストを履くのは暑くてツラい」と回答した女性は42.5%。「できることなら真夏にパンストを履きたくない」が41.5%で、4割以上の女性が「夏のパンスト」を嫌がっていることが明らかになった。

   「嫌なら履かなければいいのでは」と思う人もいるかもしれないが、「パンストを履かないとマナー違反だという雰囲気がある」と回答した人が16.0%、「職場でパンスト着用が義務付けられている」人が7.0%と、逃げるに逃げられない状況の女性も少なくないよう。

   そういった女性からは、

「ウチはストッキング着用が規則なんです。男性の上司には、いっぺんパンストを履いて暑さを味わってみてほしい!」(31歳)
「営業に行くと先方の男性がスーツなので、こちらもナマ脚では失礼かと。でも、お互いに暑さガマン大会みたいでバカらしいですよね」(28歳)

という声が寄せられたそうだ(調査は15年7月21~24日にかけてインターネットで実施)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中