2019年 10月 16日 (水)

「残業してくれない?」と笑顔で圧力 こんな上司・先輩、まだまだ多い

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日本では「長時間労働」が評価されがち、と考えられてきたが、最近では「効率よく短時間で仕事を終わらせるのがデキる人」という考え方も根付きつつある。「ダラダラ残って残業代を稼ぐ」という働き方が批判されることも増えてきた。

   ところが、「長く残業してやる気を見せろ」と圧力をかけてくる上司や先輩も、いまだに少なからず存在するようだ。

「時間だから上がりますっていうのはダメだよ!」

長く残ることがやる気のあらわれ!?
長く残ることがやる気のあらわれ!?

   女性向け掲示板サイト「GIRL'S TALK」に、「某飲食チェーン」に入社した社会人1年目の女性から相談が寄せられている(2015年8月3日)。

   相談者は店舗に配属され、シフト制でホールで働いている。配属されて間もない頃、終業時間が来て上がろうとしたところ、先輩社員から「社員なんだから、『時間だから上がります』っていうのはダメだよ。時間過ぎててもできるだけ残って、やる気見せなきゃ」と言われたそうだ。

   それ以来、誰かから「もう上がっていい」と言われるまで残っているが、この日も同様にしていたところ、店長から「もう上がって。時間になったらちゃんと自分から言いなさい。こっちだって時間を計算してるんだから変に残られても困る」と注意されてしまったという。

「結局どうすれば良いのかわかりません。シフトで決められている時間になったら、自分から上がっちゃっていいんですかね??でも、お店が混んでいて忙しい日は時間が過ぎていても残らざるを得ないし、そんな日は、時間になったなんてとても言えません・・・」

と、ほとほと困っている様子の相談者。「どなたか良いアドバイスください」と助けを求めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中